村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方

f:id:keisukemurayama:20180112092650j:plain

やまとごころの村山です。
年明けかなり冷え込む今日この頃。
オフィスのある新宿はもちろん、都内では至るところで
外国人観光客が見ることが圧倒的に増えました。
実際、数字もそれを物語っています。
2017年の訪日客は2800万人を超え、年間の消費額も4兆円を超えました。
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/20849/

今年は3000万人超、そして、2020年には4000万人突破を
見据える中で今後重要な鍵は「地方」。

現在、訪日客のうちリピーターは6割と言われていますが、
そのリピーターを満足させ、香港からの観光客のように何度も
足を運んでもらえる魅力作りと発信が不可欠です。

そんななか、とてもタイムリーな話題として、
私も何度か紹介している美ら地球(ちゅらぼし)の山田拓さんが

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方

という書籍を来週1月16日に出版することになりました。
https://goo.gl/qWi2Wz
*書籍の帯は、アトキンソンさんと藻谷さんと豪華!

ちなみに、書籍のタイトルがとてもいいなと個人的には思っています。
というか、このタイトルで刺さらない・・・訳はないですよね、笑

何もない日本の田舎を「宝の山」にしてきた山田拓さんが書籍で語る

・人口減少に苦しむ地方の今後の可能性や具体的な取り組み
・外国人の消費がモノ消費からコト消費へ移行する中でのヒント

などにインバウンドに携わる一人でも多くの方々に触れてもらいたい、
と思っています。

やまとごころでは山田拓さんの出版に合わせて
東京と関西(神戸で調整中)で出版記念パーティを開催します。

東京開催は、来週1月18日にインバウンドリーグ(新宿)で行います。
当日はインバウンドのキーパーソンも多数駆けつけてくれますので
新年のネットワーキングを兼ね、足を運んでいただければと。
山田拓さんをご存知ない方でも、「インバウンドx地方創生」に関心がある方は歓迎です!

まだ、若干ですがまだ枠がありますのでに興味がある方はふるってご参加ください。
この案内の後、申し込みが増えると思いますのでお早めに。
https://www.yamatogokoro.jp/event/20476/

尚、関西での開催は2月13日の夜@神戸で最終調整中です。
西日本方面在住の方はそちらもご検討ください。
詳細な案内は後日やまとごころのセミナーページに掲載します。

本日はここまで!

村山慶輔


Ps1.
山田拓さんも、うちも事業を始めて10周年になります。
ずっと接点をいただいているので当日のトークセッションでは
他では聞けないディープな話を色々引き出していければと思います

Ps2.
インバウンドリーグの開催となりますので是非視察も兼ね、
足をお運びください。
http://inbound-league.jp/

新年のご挨拶

f:id:keisukemurayama:20180105165236j:plain

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

やまとごころは昨年3月15日に創業10周年を迎え、
いくつかの新しい取り組みをスタートさせました。

・4月:エリスタ(旅行業)の設立
 http://ellista.jp
・6月:インバウンドビジネス集客講座出版
 http://goo.gl/6F9sDt
・8月:やまとごころキャスト(人材紹介業)の設立
 https://yamatogokoroagent.jp
・9月:インバウンド入札配信サービスを開始
 https://www.yamatogokoro.jp/nyusatsu/
・10月:インバウンドリーグ開業(基本構想・企画プロデュースを担当)
   http://inbound-league.jp

インバウンドビジネスの「メッカ」を目指し昨年10月に開業した
インバウンドリーグには既に国内外のインバウンドに関わる企業の
入居が決定しており、今年はこちらを本拠点に日本のインバウンドを
もっと熱くしていきたいとワクワクしております。

尚、今年第一弾のイベントとして、地方創生 x インバウンドで
大活躍中の株式会社美ら地球(ちゅらぼし)代表取締役の山田拓さん著の
「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」出版記念パーティーを
1月18日(木)午後にインバウンドリーグにて開催します。
https://www.yamatogokoro.jp/event/20476/

ちなみに山田拓さんとは前職(アクセンチュア時代)から接点があり、
起業も同じ10年前、その後もお互い切磋琢磨してきた同志です。
トークセッションではこれまで、そして、今後のインバウンドについて
熱く語り合いたいと思います。

最後になりますが、やまとごころは創業10年を過ぎた今年を
第二創業期として捉え、日本のインバウンドをもっと熱くできるような
様々な挑戦をしていきたいと思います。

その中でみなさまと是非色々な形でご一緒させて頂けると幸いです
本年も、ご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社やまとごころ 代表取締役 村山慶輔

インバウンドはあらゆる業種・業界に横串を通す

f:id:keisukemurayama:20171218161717j:plain

やまとごころの村山@インバウンドリーグです。

 

12月はかなりタイトなスケジュールで動いています。

講演も今月は15本ほど。

地域もテーマも結構変わるのですが、

その度に自分の視野が広がったり考えが整理できるので

貴重な機会だと捉え、積極的に受けています。

 

そんな中、最近改めて思うのが

 

インバウンドはあらゆる業種・業界に横串を通すことができる

 

ということ。

 

今月以下の2つのセミナーで講演させていただいたのですが、

・大阪商工会議所、日本経済新聞社大阪本社 主催

・東京観光財団、株式会社 日経 BP マーケティング 共催

大きく捉えるといずれもテーマは「異業種xインバウンド」

 

いわゆるインバウンドビジネスというと

どうしても観光産業のような捉え方で、

プレイヤーも宿泊・飲食・小売・運輸・自治体などの観光事業者に寄りがち。

 

ただ、観光事業者だけで解決できる課題は限定的です。

 

AI、ロボット、自動運転、また、シェアリングエコノミーなどの

テクノロジーを生かしてイノベーションを起こしていく。

 

不動産、教育、人材、保険、通信など様々なジャンルのプレイヤー

と交わり、インバウンドの側面で新しい事業を生み出していく。

 

現在、私はBrandLandJapanという経産省の取り組みに

シニアプロデューサーとして関わっています。

https://brandlandjapan.com/

 

12のプロジェクトが採択されていますが、

インバウンドでの成功から海外進出に繋げるメーカー、

海外での認知度アップからインバウンドに繋げる店舗など、

インバウンドとアウトバウンドの両方の発想が不可欠です。

 

これ、冷静に考えると当たり前ですよね。

インバウンドとは海外から訪日客のことですが、

それはその個人の方の旅行、しかも、日本に限定した旅行という

一面でしかないからです。

 

日本に来て、日本食を好きになり、自国でも消費する、

また、広める、あるいは、その日本食店を自国で展開するなど

起こりうる広がりを線でつないでいくことが重要です。

 

そう考えた時にインバウンドに携わる我々がもっと外に出て行く、

つまり、業種・業界、さらには国の枠を超えて情報を取りに行く、

また、人と繋がっていくことが、インバウンドを盛り上げていく上で

より重要になってくるのではないでしょうか。

 

私自身も2018年はもっと外に出ていきたいと思います!

 

本日はここまで。

何のために連携するのか?また、連携の中身は?

f:id:keisukemurayama:20171208165337j:plain

やまとごころの村山@インバウンドリーグです。
今日はまずいくつか案内をさせてください。

1. 第60回やまとごころ勉強会
 2017年12月11日(月)16:30~18:00(受付16:10~)
 観光庁に聞く!2018年インバウンド関連の法改正のポイントとは?
 ~法改正から見えてくるビジネスチャンスを考える~
 https://www.yamatogokoro.jp/event/8725/

 今年最後の勉強会のテーマとして、
 2018年のインバウンド関連業法の改正をしっかりと学べる機会を設けました。
 一緒にビジネスチャンスを探っていきましょう!

2. インバウンド忘年会2017
 2017年12月11日(月)18:30~21:00(受付18:10~)
 https://www.yamatogokoro.jp/event/8754/
 2017年の振り返り、そして3名のスペシャルゲストとともに
 来年のインバウンドの展望を探ります。
 インバウンドに取り組む方々と熱く語らいましょう!
 初めての方、また、お一人でもふるってご参加ください。

3. インバウンド入札案件の傾向・戦略セミナー
 2017年12月12日(火)10:00~11:30(受付 9:40~)
 https://www.yamatogokoro.jp/event/8539/
 日本全国の2017年上半期の入札案件を徹底分析。
 その傾向をわかりやすく解説します!
 コンテンツの一部をランキングとして発表しました(jiji.com)
 https://www.jiji.com/jc/article?k=000000007.000019931&g=prt


本日は久々にこちらでずっと仕事をしていますが、
先月末からかなり出張三昧な日々を過ごしております。
今週も神戸→大阪→群馬→浜松という感じで各地を回っております。

特に昨日は「湖サミット」というユニークなイベントが
開催され、基調講演+モデレーターとして参加させていただきました。
http://hamamatsu-daisuki.net/summit/

中国の西湖、台湾の日月潭、日本の浜名湖が湖を核とした
観光をテーマに連携。それぞれの取り組みを共有するとともに
今後の具体的な連携を探るというもの。
「連携」は重要ですが、改めて連携の目的や成果に
繋がる施策、継続していくための工夫など、
色々と考えさせられるとても素敵なイベントでした。

せっかくなので連携についてもう少し考えてみたいと思います。

私も連携という言葉をよく使いますが、
連携ってかなり幅広いですよね。

連携するためには
まず前提として連携する個が強くなければいけません。

強い個だとしても、個ではできないことを連携を
通して実現していく、そこに連携の価値があると思います。

連携のポイントとして
・共同マーケティング
・共同プロモーション
・CS(顧客満足度の担保)
があると考えています。

共同マーケティングは
1社でニーズや情報収集しても限界がある、十分な母数が確保できない。
そのため、共同でマーケティング調査を実施し、戦略立案に繋げる

共同プロモーションは2つの側面があると思います。
・相互送客
・外へのプロモーション

相互送客は連携するプレイヤー同士がともに送客しあうこと。
ただ、それだけではマーケットがあまり広がりません。
連携することによって、外に対して発信していく。それによって
マーケットを広げていくことが不可欠です。

やまとごころでもゴルフツーリズム推進協会の事務局を
やっていますが、まさにこの協会でやっていることも同じです。

日本をゴルフのデスティネーションとして
認知してもらうために海外の商談会などを通して発信しています。
例えば、北海道単体でプロモーションすると予算の限界もありますし、
冬はゴルフができない・・・それをオールジャパンで見ると年中
ゴルフはできるので、より海外へ発信しやすくなります。

最後にCSです。やはり連携しているため、同じレベルの
クオリティ担保が必要です。そのためのガイドライン等の
仕組み作りや人材育成などをしっかりと行なっていかなければなりません。

上記は当たり前のことなのですが、その当たり前のことが
できていない、検討しきれていないところも多いのではないでしょうか?

是非、皆さんが取り組んでいる「連携」の現状を振り返り、
より発展的にしていくためにはどうしたらいいか?検討してみてください。

本日はここまで。よい週末を!


村山慶輔

インバウンドのネットワークを広げる

f:id:keisukemurayama:20171108101844p:plain

やまとごころの村山@インバウンドリーグです。
先月は事務所移転、オープニングイベント、出張など
怒涛の日々を過ごしておりました。

そんなこんなしているうちに
東京オリンピック・パラリンピックまで1000日を切りました。

これからインバウンドの機運もさらに高まっていくと思いますし、
インバウンドに取り組む我々にとっては千載一遇のチャンス。

何を目標に置き、1日1日何に取り組むか?

横浜港を作った古市 公威氏が
「自分が一日休むと、日本が一日遅れます」
と言ったそうですが、そんな気概をもって多くの方が
インバウンドに取り組めば、日本の観光立国は現実のものとなるはず。

そんなことを考えながら、日々いろんな人に会い、
同じ志を持つ方のネットワークを広げようと積極的に動いています。

海外からの観光客が来た時に、様々な質問を受けます。
また、東京だけでなく、様々な地域に足を運ぼうとします。

その時に自分自身、あるいは、自社だけで提供できることには
限界があります。その際に、各地域や各領域でサポート・連携できる仲間が
いれば安心して対応することができるはず。

今、私は東北インアウトバウンド連合にアドバイザー
として関わっていますが、東北6県にまたがる連合メンバーは
まさにそういった仲間です。

http://www.tohoku-iou.or.jp/

東北に行きたい外国人観光客がいる、
そんな時に電話一本で安心してお願いできる

こんなネットワークが日本全国に作れないか、
最近いろんな素敵な方との出会いもあり改めてこの思いを強くしています。

また、その一つの拠点(ハブ)にしたいのがインバウンドリーグ。

拠点があるとやっぱり違う・・・

まだまだ立ち上がったばかりでこれからですが、
私自身がこの施設を通して繋がったネットワークからその兆しを
感じています。

インバウンドリーグに国内外の思いを持った仲間が集い、
ネットワークを広げ、連携していく、
そんな企画を展開していければと思っていますので、
是非皆さんにも参加していただくだけでなく、その企画側でも
ご一緒できればと思っています。

まずは施設自体を盛り上げるために、
インバウンドリーグでは今月3回の説明会(内覧会)を
開催します。

現状では
・海外旅行会社の日本オフィス
・海外広告代理店の日本オフィス
・東北や大阪のインバウンド関連企業の東京オフィス
・フリーランスでインバウンドコンサルをする会社のオフィス
など様々な方の入居が決定しています。

イベントなどのスペース利用も色々できますので、
まずは施設に足を運んでいただければと思います。

【開催日】
11月10日(金)16:00
11月17日(金)16:00
11月22日(水)16:00

◆参加された方への特典◆
1日ラウンジスペースを自由にご利用いただける
「1 DAY」チケットを3枚プレゼント

お申込みはこちら
https://goo.gl/forms/v4nxLnuOdhuR5aIG2

本日はここまで。よい週末を!

村山慶輔

インバウンドリーグついに始動!

f:id:keisukemurayama:20171020173901j:plain

やまとごころの村山です。
最近も相変わらず出張続きです。

先日、山伏修行をするとお伝えしましたが、
出羽三山で一泊二日の修行をしてきました。
滝行はじめ、ディープ過ぎる体験を堪能。
一緒に修行したフランス人女性も大満足。
外国人にも刺さるコンテンツです。

今年のプログラムは終わったようですが、
来年是非興味ある方はチャレンジしてみてください。

こちらが私が体験した外国人富裕層をターゲットにした
山伏修行体験プログラムです。
http://yamabushido.jp/


山伏修行の後、
千葉、宮崎、山梨
などを転々としておりました。

今後も
福岡、名古屋、栃木、埼玉、沖縄、ニセコ、神戸、大阪、群馬
など巡業が続きます。

現地で熱意を持ってインバウンドに取り組む皆さんに会えるのを
楽しみにしております!


さて、本日あいにく東京は天気はよくないですが、
明るいニュースがあります!

何度かご紹介していたインバウンドリーグがついに本日開業しました!

昨日は開業に先立ち、WBS(ワールドビジネスサテライト)で
5分ほども紹介してもらい、各方面から反響をいただいております。

インバウンドリーグの特徴は

インバウンドに特化したコワーキングスペースを軸に、
訪日外国人、在日外国人が一つの館で交流できること、
その交流から新しい発想やビジネスチャンスが広がること

です。

元々は5年以上前に
こんな空間があれば自分自身も仕事をそこでしたい
そんな思いで構想を膨らませていきました。

それがこのプロジェクトの原点である「やまとごころハウス構想」。

企画書をもって、数多くの企業に打診し、反応は良くても実際は
全く動かず・・・ 結局4年以上の時が過ぎました。

そんな中、昨年夏にUDSの中川社長と再会し、
やまとごころハウス構想をぶつけると意気投合。

そこからは本当にあっという間。

「インバウンドリーグ」を設立することが決定。
その後は毎週のように打合せを重ねながら、
企画を具体化していきました。

そして、本日ついにインバウンドリーグ開業。
改めて振り返ると感慨深いものがあります・・・

今後の思いは、
ハードとしては素晴らしい施設をUDSさんが作り上げてくれたので、
次はソフト。

インバウンドリーグをいかに盛り上げるか?
その一点にかかっていると思います。

そして盛り上げるためには、
インバウンドリーグに興味を持ってくださる皆さんに
入居していただいたり、スペースを利用していただいたり、
あるいは純粋に施設を見に来ていただく、
などが不可欠です。

ということで、やまとごころとしても色々イベントを
仕掛けていきますが、是非みなさんにもどんどん足を運んで
もらえればと思っています。

ちなみに、
やまとごころのオフィスもインバウンドリーグに移転しております。
私もたまに(結構外が多いので・・・)いるかもしれません、笑

本日はここまで!

ps.
インバウンドリーグオフィシャルHPはこちらです。
是非ご覧ください。
http://inbound-league.jp/


村山慶輔



東京駅のとあるスポットが外国人観光客に大人気? 

やまとごころの村山です。
かなり間が空いてしまいましたが、日々慌ただしく動いております。

9月に入り、訪日客の数が昨年より45日前倒しで2000万人を
突破するなど安定した増加傾向を示しており、自治体や企業も
インバウンドへの取り組みをより加速しているように思います。

今月は、以前から何度もご案内していた
「インバウンドリーグ」が開業を迎えます。

5年ほど前から温めていた「やまとごころハウス」の構想から
UDS中川社長との出会いにより、「インバウンドリーグ」として
具現化することができました。

ウェブサイトも立ち上がりましたので是非ご覧ください。
http://www.inbound-league.jp/

施設自体はUDSさんが運営となりますが、
やまとごころとUDSの共同旅行事業(株式会社エリスタ http://ellista.jp/)や
施設の盛り上げなど色々仕掛けていきますので、
是非皆さんにも足を運んでいただければと思います。
(やまとごころの本社もインバウンドリーグに移転します。)

入居やセミナー利用のお問い合わせなどあれば、
このメールへの返信か、以下までご連絡頂ければコーディネイトさせて
いただきます。
support@yamatogokoro.jp


さて、本日のテーマは、

東京駅のとあるスポットが外国人観光客に大人気?

です。

これ、東京駅の構内のある施設なのですが、
どこかわかりますでしょうか?


答えは

T'sたんたん

というレストランなのです。


何がすごいかというと、

ベジタリアンでもおいしく食べれる
坦々麺を提供しているのです。

見た目や食感は「肉」なんですが、
肉・魚介類・乳製品・卵は一切使わずに
コクのある坦々麺を実現。

これが訪日客にも大人気。

私も5回ほど足を運びましたが、
いつも外国人でいっぱいで、店員さんに聞くと
お客さんの5割以上が外国人とのこと。

先日は7割近くが外国人で、
その外国人のうち8割がインド人・・・
なかなか見ない光景でした

トリップアドバイザーを見ても非常に高い評価を受けており、
・東京滞在中に3回足を運んでしまった
・この店にいくためにだけ改札の入場料を払っていった
など異様な口コミがあったりします。

トリップアドバイザーHP
goo.gl/H2JdBz

ちなみに、このT'sたんたんは自由が丘で展開する
T’sレストランが仕掛けています。
以前T’sレストランに行った時も衝撃を受けたいのですが、
坦々麺も普通に美味しく、オススメです。

今回の話から一つ言えるのは、訪日客の中で
ベジタリアンの母数はまだまだ少ないかもしれませんが、
そのニーズは圧倒的に強く、しっかりとしたベジタリアン
料理を提供している店には訪日客は自然を口コミなどを
みて集まってくるということ。

インバウンドの多様化が進むなか、
「全方位」より「絞り込み」が結果的にビジネスに繋がるという
一つの事例でした。

本日はここまで。よい週末を

Ps. 連休中、山形にて山伏修行を予定しています・・・

日本のゴルフツーリズムはゴールデンイヤーを迎える

f:id:keisukemurayama:20170809102037j:plain

f:id:keisukemurayama:20170809102050j:plain

f:id:keisukemurayama:20170809102103j:plain

やまとごころの村山@東京です。

昨日は米子へ日帰り。
先週は長岡からはじまり、名古屋、札幌、函館、青森など
転々としておりました。

来週は沖縄、広島へ、翌週は宮崎へ足を運びますので、
その地域の方とチャンスがあればご一緒できればと思います!
ちなみに、行き先を書くと事前に連絡をくれる方もいて、
アポにつながったり、飲みにいったりと広がりがでて嬉しい限りです。
そんな広がりを各地でつくりながら、面白い方同士を繋げ、
インバウンドを盛り上げていければいいなと思っています。

ちなみに、インバウンドに関わる人を繋げるという意味では、
今月25日に東京の有楽町でインバウンド大納涼会を開催します。
現在、ホテル、飲食、旅行会社、OTA、インバウンドメディア
など多数の方に申し込み頂いています。もちろん、私も参加します。
初めての方でも参加OKですので、興味ある方はふるってご参加ください。

↓詳細はこちら
http://www.yamatogokoro.jp/event/6380/


さて、本日のテーマは

日本のゴルフツーリズムはゴールデンイヤーを迎える

です。

日本はこの小さな島国に約2400のゴルフ場を抱えており、
その数は世界2位。

ただ、一方でゴルフ人口は減少の一途をたどっています。
そんな中、海外からのゴルファー(インバウンドゴルファー)に
注目するゴルフ場、自治体を含むゴルフ関係者が増えてきています。

そんな方々に朗報があります。

今後日本で立て続けに、インバウンドゴルファー獲得に繋がる
イベントを開催・誘致していこうという機運が高まっているのです。

まず、2018年10月には
三重県で日本ゴルフツーリズムコンベンション(JGTC) 2018
が開催されます。

これは、ゴルフツーリズム業界で最も権威ある団体
「国際ゴルフツアーオペレーター協会(IAGTO)」が主催するイベントであり、
日本での初開催となります。
世界中からゴルフに特化したツアーオペレーターが来日し、
国内のゴルフ場や宿泊施設などと商談を行います。

↓詳細はこちら
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0032500034.htm

そして、2019年には
アジアゴルフツーリズムコンベンション(AGTC)
を日本へ誘致しようという動きもあります。(現在進行形)

2020年には
東京オリンピック・パラリンピックのゴルフ競技が
埼玉県の「霞が関CC」で開催され、

さらに

2021年には
ワールドマスターズゲーム2021関西のゴルフ競技が
徳島県の「グランディ鳴門」ほか5コースで開催されます。

以上のように、まだ一部確定はしていないものはありますが、
ゴルフの国際的な商談会や競技が日本で開催されることで、
日本がゴルフのデスティネーションとして認知度を上げていくこと
間違いないでしょう。

また、ゴルフツーリズムは海外富裕層を獲得するための
一つの重要なテーマ。

ゴルフをしないから、あるいは、うちはゴルフ関係ないから
という方も多いかと思いますが、海外富裕層を呼び込みたいという
企業や自治体にとっても注目に値する動きだと思います。

ゴルフを含め、テーマ別観光の促進が重要な局面に
なってきていますが、みなさんの関心があるテーマで
同じようにゴールデンイヤーを仕掛けていけないか、
あるいは、盛り上げていく方法がないか?を是非検討してみてください!

本日はここまで。

村山慶輔

Ps.
毎回ご好評をいただいています「やまとごころ勉強会」。

8月は、日本の情報発信動画で人気を博すYouTuberクリス・ブロード氏と、
インバウンド研修やSNSを活用したプロモーションに強みのある
株式会社ライフブリッジ 代表取締役 櫻井亮太郎氏を講師にお招きして、
視聴回数160万回を越すインバウンド動画の制作の秘訣、
欧米人が求める日本の魅力と惹きつけ方、
動画活用のメリットや成功事例などを探ります。

勉強会の後は恒例の交流会も開催。
楽しく交流しましょう!

◆◆◆お申し込みはお早めに◆◆◆
=================================
8月31日(木)18:30~
第58回やまとごころ勉強会
「人気YouTuberに聞く、欧米人に人気の日本とその魅せ方」
=================================

【日時】2017年8月31日(木)18:30~
【会場】LEAGUE YURAKUCHO
    東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
【受講料】5,000円(交流会費込み)
【お申し込み・詳細】
 http://www.yamatogokoro.jp/event/6092/

色々な動き

f:id:keisukemurayama:20170724094537j:plain

やまとごころの村山です。
少し空いてしまいましたが、インバウンドを取り巻く動きは
加速するばかり。
やはり現場に出るのが一番ですね。
入ってくる情報の量が違います。

最近出張は控えめではありますが、8月は6回ほど出張が入っています・・・
ちなみに場所は青森、名古屋、札幌、那覇、宮崎、米子。

一番貴重なのは現地でのヒアリングや意見交換だと思っています。
一方的な講演だけで終わるのは一番もったいないですので、
お会いする方がいましたらよろしくお願いします!

本日もこのあと香港へ行きます。

私が理事を務めるアニメツーリズム協会が香港ブックフェアに
出展していることもあり、視察も兼ね、足を運んできます。

ちなみに香港ブックフェア、ご存知でしょうか?

100万人が集まる香港最大級のBtoCのイベントでJNTOも
ジャパンパビリオンを展開しており、日本からも20ほどの
自治体や企業が出展しています。

こちらでもまた後日ざっと報告ができればと思います。


さて、本日はいくつか案内があります。

一つ目は
VISIT JAPAN トラベル& MICE マート(VJTM) 2017
です。

こちら国内最大級のインバウンドのBtoB商談会です。
海外から400社近くのバイヤー(旅行会社等)が集うイベントは
他にないと思います。
私の理事を務める団体なども毎年参加させて頂いており、
ニーズのヒアリングといったマーケティング調査だけでなく、
実際のビジネスにつながっています。(継続が重要ですが)
海外に足を運ぶと時間もお金もかかりますので、費用対効果も
高いと感じています。
今月末まで募集を延長しているとのこと、興味ある方はチェック
してみてください。
http://www.jnto.go.jp/jpn/news/20170710_2.pdf


二つ目は
観光庁「VISIT JAPAN大使」の高橋さんの出版イベント
のお知らせです。

30年以上も前から外国人観光客を最前線でもてなし、
多くのリピーターに愛される富士箱根ゲストハウスの
オーナー高橋さんの出版イベントが来週25日(火)の
19時から東京で開催されます。?
goo.gl/FC6Ch3

最近、インバウンドがブームのように取り上げられていますが、
「インバウンドの本質」を学びたい方は本当にオススメのイベントです。

ゲストとの数日の接点から人生を通しての友人になる
もちろん、そのゲストは高橋夫妻に会うために富士箱根ゲストハウスに
何度も何度も訪れる。
まさに、「人に会うための旅」
その起点になっている高橋さんから教えられることは非常に多く、
是非一人でも多くの方に参加してもらいたいです。
それが本当に日本のインバウンドの底上げに繋がると思いますので

ちなみに出版された書籍はこちらになります。
富士箱根ゲストハウスの外国人宿泊客はなぜリピーターになるのか?」
goo.gl/aMBj3z

最後に
第57回やまとごころ勉強会の
のご案内です。

==========================================
第57回やまとごころ勉強会 x INBOUND LABO@LEAGUE
「外国人インバウンド人材を定着・活躍させる秘訣」
==========================================
外国人インバウンド人材の採用・育成・定着の秘訣や、
おもてなし業界の最新事情を学んでいただくことができます。

ー こんな方におすすめ ー
・外国人人材を採用したい企業・団体
・外国人人材の育成・定着の秘訣を知りたい方
・不足するインバウンド人材を確保したい方
・おもてなし業界の最新事情・現場を知りたい方

【開催日】7月27日(木)18:30~21:30
【会 場】LEAGUE YURAKUCHO
     東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
【受講料】5,000円(交流会込)
【詳細・お申込み】http://www.yamatogokoro.jp/event/5507/


ちょっと今回は案内が多かったですね。

最近私の周りにネタは溢れかえっているのですが
なかなか時間が取れておらず。
次はコンテンツを中心にいきますので、
引き続きよろしくお願いいたします!

本日はここまで。良い週末を!

 

村山慶輔

モノからコトへ でも・・・

f:id:keisukemurayama:20170706151950j:plain

やまとごころの村山です。

今日は7月6日。7月に入ってからあっという間に時が
過ぎていきますね。
2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が7月なので、
残すところほぼ丸3年。
これからさらに世の中、そして、インバウンドビジネスの
動きが加速しそうです。

ちなみに明日の七夕は八戸へ。

東北インアウトバウンド連合主催の
第5回東北インバウンドサミットに参加してきます。
http://www.tohoku-iou.or.jp/
東北六県で毎回場所を変えながら展開されるこのサミット。
東北のイベントですが、日本全国から熱い参加者が集います。
東京はもちろん、関西や九州からの参加者もいます。

なぜ、わざわざ八戸のインバウンドイベントに全国から
人が集まるのか?と考えると、私の個人的な見解では、
やはり「人」がキーワード。

この連合の幹部メンバーは東北だけにとどまらず日本全国で
活躍しており、行くところ行くところで東北ファンを作っています。
その結果、連合のこの人がやるなら、この人たちに会って刺激を
受けたいということで足を運んでいるのだと思います。
という私もその一人で、今回はスタッフも連れての参加になります。
一泊して、八戸をゆっくり視察しようと思っています。

おそらくまだ受け付けしていると思いますので、
興味ある方は是非足を運んでみてください。明日八戸で会いましょう!
http://www.tohoku-iou.or.jp/


さて、話は変わりますが、最近問い合わせが増えています。

どんな問い合わせかというと、
・インバウンドで新規事業をやりたい(大企業が中心)
・インバウンドで起業したい
など。

もちろん、新規事業や起業関連はこれまでも多かったのですが、
特に最近の問い合わせは本気度が高まっているように感じています

なかでも施設などハードを作る相談も多い印象です。
・インバウンド向けに観光案内所、文化体験施設を立ち上げたいが
 どんなものがいいか?どうプロモーションしたらいいか?
などなど。

その際にみなさん一応におっしゃるのが、

モノからコトへ

外国人のニーズがシフトしているので、コト体験を提供したい。
どんなコト体験がウケるのか?

こんな感じです。

ただ、ここで一歩立ち止まって考えていただきたいのは、
コト体験、つまり、コト消費だけだとあまりお金は地域に落ちません。
外国人観光客の消費費目別割合で、コト消費に該当する「娯楽・サービス」は
全体の3%ほど。「買い物」に使う割合は4割弱。
使う金額が全く違います。
コト消費だけにこだわると集客はできるかもしれませんが、
なかなか地域にお金が落ちないのです。もちろん、高単価なコト体験を
提供すればいい、という考えもありますが、高単価になればなるほど
さらに労働集約的になるでしょう。

言いたいことは、コト体験はあくまで呼び込むためのフックで、
最終的にはモノ(あるいは他の売りたいもの)を買ってもらうところまでこだわる、
ということ。

例えば、
酒蔵を巡った後にお酒を買って帰ってもらう

さらにいうと

お酒を買ってもらい、口コミで広げてもらうために、
酒蔵めぐりの中でどんな説明、どんな体験を提供するか?

という発想が重要だと思います。

当たり前といえば、当たり前なのですが、
最近はメディアでもどこでも「モノからコトへ」、
だから「コト」を提供すればいいんだ・・・
という風潮になっているように感じており、
少しこんなことを書いてみました。

ということで、本日はここまで。

村山慶輔


Ps.
第57回やまとごころ勉強会の募集を開始しました。
テーマは「外国人インバウンド人材の活躍の秘訣」
ご興味ある方はお早めにお申し込みください。
是非、交流しましょう!

◆◆◆お申し込みはお早めに◆◆◆
=================================
7月27日(木)18:30~
第57回やまとごころ勉強会
「外国人インバウンド人材の活躍の秘訣」
=================================

2020年の東京五輪を控え、年々増加する訪日客。
国籍・習慣・宗教など客層が急速に多様化する中、
いかに柔軟かつ日本らしいおもてなしができる人材を
確保できるかが重要となっています。

そこで今回の勉強会には、
多数メディアでも注目されている、外国人の人材育成に
特化したNIPPONおもてなし専門学校の高山浩貴氏に
ご登壇いただきます。

累計約600名のインバウンド人材を育成・輩出して
きたからこそ分かる、おもてなし業界の最新事情、
外国人登用の成功事例、今後の展望などを伝授いただきます。

【日時】2017年7月27日(木)18:30~
【会場】LEAGUE YURAKUCHO
    東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
【受講料】5,000円(交流会費込み)
【お申し込み・詳細】
http://www.yamatogokoro.jp/event/5507/