村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

免税品目拡大に向けた動きが加速?

こんにちは。

やまとごころの村山です。

 

最近、各メディアでインバウンドに関する記事を目にすることが

増えました。東京オリンピックが決まる前と比べると格段に増えた

ように感じています。

 

先週土曜日の日経新聞で以下のような見出しで記事がありました。

 

=============================================

日本経済新聞 2014/5/10 

百貨店や大型商業施設、訪日客を取り込め 

免税窓口・両替機を増設、増税後の支え役に

=============================================

 

消費税増税後、日本人が買い控える中、増税の影響を受けない

外国人観光客(免税の許認可を取得している店で買う場合)に目をつけ、

商業施設の様々な取組みの様子がまとめられていました。

 

 

取組み例をいくつか挙げると、

・松屋銀座本店 食品売り場を改装 日本酒の品揃え450種へ拡充(銀座地区最大規模)

・三越銀座店 免税カウンターの増設

・高島屋 8つの外貨に対応する両替機を15年2月末までに導入(主力4店舗)

・大丸松坂屋 免税手続きに新システムを導入 従来の5分から半分ほどで済むように

・渋谷109 テナントに対して、税務署での申請手続きの説明会を開催

・三井アウトレットパーク札幌北広島 免税対応のテナントを20店→50店へ増やす計画

などです。

 

 

上記の取組み加速の背景として、今年の10月からの免税品目拡大があります。

これまで、消費税の免税対象となっていなかった、お酒、お菓子、化粧品などの

消耗品も対象になります。

 

↓外国人旅行者向け消費税免税制度の改正についての詳細

http://goo.gl/5fOtDY

 

ちなみに、私は現在、ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)の理事

をしており、小売業の方々と多くの接点を頂いています。

どの企業も、この10月を一つの転換点と捉え、インフラ整備やスタッフの研修

商品ラインナップの拡充など様々な取組みを開始しています。

 

2015年10月には更なる増税も計画されているので、その動きはさらに

加速していくのではないかと思います。

 

ちなみに、今回の免税品目拡大は

 

━━━━━━━━━━━━━━ 

地方にとっても大きなチャンス

━━━━━━━━━━━━━━ 

 

です。

 

それは

免税効果でお酒、食品などの地域の特産品をこれまで以上に買ってくれる

ことに繋がるためです。

 

ただ、逆に地方で免税店がある程度増えないと、特定の地域、店だけに外国人観光客が

押し寄せてしまう可能性もあります・・・

 

そういう意味でも、商業施設だけでなく、宿泊施設(お土産などの物販コーナーも

あるので)も含め、今回の免税制度改正について、自社でどう取り組んでいくか?

を検討してみてはいかがでしょうか?

 

5月1日付で観光庁がリリースを出していますが、今月から全国12か所で

免税制度改正についての説明会が開催されます。

 

外国人旅行者向け消費税免税制度改正について合同説明会

http://goo.gl/AALIJo

*各地域での開催スケジュールもありますので、是非確認してみてください。

 

札幌開催はすでに終わったようですが、150名を超える方が参加し、

地元メディアも多数取材に来るなど、多いに盛り上がったようです。

 

本日はここまで!

 

連載中!

日経ビジネスオンライン「観光ビジネスにベンチャーを起こせ!」

goo.gl/zYaJx2