村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

インバウンドの基本的な数字を押さえる

おはようございます。
やまとごころの村山です。

最近、暑かったり、寒かったり、気温の変化が
激しいですね。僕の周りにも、体調崩している方が
増えています。みなさん、自愛ください。


さて、早速質問です!(いつも質問ばかりですみません(笑))

Q1. 昨年、日本に来た外国人観光客数は何人でしょうか?



これは皆さんご存知ですね。

1000万人を初めて突破しました。

ちなみに、正確には、

10,363,904人

です。


Q2. 国別上位5か国を言えますか?

 

 

これもトップ3はご存知の方多いかと思います。

韓国、台湾、中国の順です。
4位はアメリカ、5位は香港と続きます。



Q3. では、その上位5か国からどれくらいの人数が来ているでしょうか?


だんだん難しくなってきました。



Q4. 伸び率でいうと上位5か国はどうなると思いますか?


これはちょっと厳しいですよね?



質問はとりあえず、これくらいにしておきます(笑)

インバウンドに取り組む上で

市場の現状はどうか?
どういう変化があるのか?

といったことを数字で把握することは重要ですよね。

上記の回答をトリップアドバイザーさんが
インフォグラフィックを用い、とてもわかりやすく紹介しています

goo.gl/m7lqDu

わかりやすいですよね。

他にも、トリップアドバイザーさんならではの
・外国人観光客に人気の観光地ランキング
 や
・外国人観光客に人気のホテルランキング
なども紹介されています。

ちなみに、ホテルランキングトップ5のうち、3つは旅館に
なっており、外国人観光客の好みがよくわかります。


さて、話を戻します。

インバウンドに取り組む上で、基本的な数字を押さえることは重要、
ということは皆さん理解していると思います。
言われなくてもわかっている!
という方も多いですよ。

では、
━━━━━━━━━━━━━━
皆さんの事業にとって重要な数字は何ですか?
━━━━━━━━━━━━━━

それは市場のデータだけでなく、
自社の
・外国人客数 vs 日本人客 比率
・外国人客売上Or粗利 vs 日本人比率

それぞれの過去の伸び率、Or、今後の伸びの見通し
かもしれません。

重要なのは、
━━━━━━━━━━━━━━
自社の事業に必要な数字を決め、
それを継続的にウォッチすること。
━━━━━━━━━━━━━━
だと思っています。

是非、検討してみてください!
では、良い週末を!
本日はここまで

村山慶輔

Ps1. 数字を見る際、1点注意が必要なのは、よくある平均値というもの。
    平均ばかり見ていると、例えば、本当にすごい買ってくれる優良顧客
    を見過ごしてしまうこともあったりしますので。

Ps2. 基本的な情報源として以下の2つがあります。
    参考にしてください。

1.日本政府観光局(JNTO) 訪日外客数 月別
  goo.gl/HN0Zao

2.訪日外国人消費動向調査
  goo.gl/3tRqJl

Ps3. 今月、来月は結構出張が入っています。
    札幌、函館、大阪あたりを予定しています。頑張ります!

↓日経ビジネスオンライン「観光ビジネスにベンチャーを起こせ!」連載中!
goo.gl/zYaJx2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業研修などのお問い合わせ・ご用命は
こちらまでお願いいたします。

【株式会社やまとごころ 研修・講師派遣】
担当:岡田、谷口、阿部
連絡先: support@yamatogokoro.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━