村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

4月の訪日外客数は単月過去最高!をどう捉えるか?

やまとごころの村山です。

 

昨日、ジャパンショッピングツーリズム協会の総会がありました。

久しぶりの方もたくさんいたのですが、中にはこのメルマガを

読んでくださっている方もいて、

毎日読んでるよ!

さらには、

会社の朝礼で、メルマガネタをシェアしてくださったり、

嬉しい反面、ちょっと、発信するのに緊張してきました。(笑)

 

 

さて、昨日ですが、日本政府観光局(JNTO)が、2014年4月の

訪日外客数を発表しました。

2カ月連続で単月過去最高で、123万2千人を記録したとのこと。

昨年の4月が92万3千人(伸び率は33.4%)

 

この伸びの要因として

・「桜」ツアーの定着化

・東南アジアの査証緩和

・羽田空港国際線発着枠の拡大

・大型クルーズ船の寄港

などが大きく寄与したとのこと。

 

詳細はこちらをご覧ください。

http://goo.gl/UPhFPj

 

ちなみに、主要国では、中国の伸びが90.3%と

タイの65.1%をおさえ、No.1。

今年の中国の伸びが期待できそうですね。

 

せっかくなのでもう少し。

 

ちなみに、この数字の見方、色々あると思います。

 

日本の伸びは明らかでいい傾向にあると思うのですが、

これは経済発展や移動手段の整備などに伴って、

世界全体の海外旅行者数が伸びているので、

市場の伸びに合わせて伸びているのは、

 

普通

 

ですよね。

 

問題は、

日本の伸びは他の国の伸びに比べどうなのか?

ということ。

 

その答えは、

 

国連世界観光機関(UNWTO)が

世界各国のインバウンドランキングを

発表しています。

 

2012年 日本は世界で33位でしたが、

2013年は、1036万人を達成し、27位に上昇。

 

じわじわ順位を上げてきており、相対的にも

健闘している!

ことがわかります。

 

ちなみに、お隣の韓国は、

約1220万人の外客を受入、23位から22位に

ランクアップしています。

ちなみにアジアNo.1は

タイの10位 2650万人 

です。

 

日本、まだまだ行けそうですね。

 

で、今日お伝えしたかったのは、

インバウンド順調ですよ!

という点と、

 

━━━━━━━━━━━━━━

数字を別の観点から見る

━━━━━━━━━━━━━━

 

ということです。

 

是非、みなさんもインバウンドに関わる数字を

もう一歩深め、より自社の取組み意味ある加工が

できないか? 検討してみてください!

 

ちょっともう少し書きたいことがこのテーマで

出てきましたが長くなったので、また、改めますね。

 

本日はここまで!

 

村山慶輔