村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

市場の動きを先読みする!

おはようございます。

やまとごころの村山です。

 

昨日、見聞を広めようと日本政府観光局(JNTO)主催

のMICEセミナーに参加してきました。

全国のコンベンションビューローからMICE担当の方が

参加してほぼ満員。関心の高さがうかがえました。

 

ちなみに僕はセミナーに出たら必ず質問するように

しています。

 

そうすると講師の話を真剣に聞かないといけないですし、

講師の方も質問をする人をよく覚えてくれるので!

 

あと、同時にやまとごころの村山というと、

参加者も覚えてくれたり、気づいてくれたり・・・

今回も、千葉のコンベンションビューローの方からも

声をかけてもらいました。(感謝)

 

 

さて、本日ですが、昨日の続きで数字に関してです。

昨日は、2014年4月の訪日外客数、そして、

日本のインバウンドの伸びが他の国と比べてどうなのか?

という話をしました。

 

過去の実績数字を把握することは重要ですが、

同時に、市場の先の動きを読むことも重要です。

 

ここで、2つの事例を紹介しますね。

 

1つ目はゲストハウスで有名なカオサン東京の小澤社長。

 

小澤社長は、自社サイトのアクセス数を先行指標

として見ています。

 

具体的には、2010年12月にエアアジアXが

クアラルンプール~羽田間で就航しました。

その1年前の就航がきまったタイミングで

マレーシア、インドネシアから自社サイトへの

アクセスが急増したとのこと。

 

そこから市場の動きをいち早く察知し、

従来の10人収容ドミトリータイプから

アジア人旅行者が好む3~4人タイプを

増やす戦略に舵を切りました。

 

他社ではそういった対応はせず、一人勝ちを収めました。

 

つまり、自社サイトのアクセス数を先行指標に、

そこから市場のニーズの高まりを把握し、速やかに

アクションに落とし込み成果を出した、という事例です。

 

航空便の就航が市場に与えるインパクトは

非常に大きいので、こういった動きも常にウォッチして

おく必要がありますね。

 

 

2つ目にご紹介したいのは、

やまとごころの中国市場のパートナーである

フレンドリージャパンの近藤社長。

 

近藤社長は常に中国の動きを見ており、

今年、中国市場は大きく挽回、さらには、過去最高を

記録すると見ています。

 

その理由は・・・

中国からの訪日外客数は

2013年を通してみると前年比ー7.8%

なのですが、

 

各月ベースで見ると、

 

なんと、

2013年9月から7カ月連続、

過去最高を記録。

 

これ、単月の推移でみないと大きく実態を

見誤ってしまいますよね?

 

あと、これに加え重要なのは、現地旅行会社の動きです。

当然ですが、旅行会社は前もってツアー等を販売しますし、

そのツアー企画もさらに前に行います。

現地の消費者を接点を持ち、彼らのニーズを誰よりも把握しています。

その旅行会社の動きをいち早く察知することも、今後の市場の動きを

読むためにはとても重要なことです。

 

市場の現状を把握することは重要ですが、

━━━━━━━━━━━━━━

さらに、その先の動きを読むためには、

何を押さえればいいのか?

━━━━━━━━━━━━━━

を是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

市場を先読みすることで、より大きなビジネス

チャンスを掴めるかもしれません!

 

本日はここまで! 皆さん良い週末を。

 

村山慶輔

 

追伸:やまとごころ通信では少し案内していますが、

   近日中に「やまとごころキャリア」というインバウンド専門の

   求人サイトを立ち上げます!

   インバウンド事業を引っ張る人材が足りない・・・

   そういう課題をお持ちの方は是非、ご期待ください。

   また、改めてご連絡します!

 -------------------------------------------------------

 日経ビジネスオンライン「観光ビジネスにベンチャーを起こせ!」連載中!

goo.gl/zYaJx2

 

ザ・インバウンドバックナンバーはこちらのブログをご確認ください。

本メルマガの購読もこちらから可能です。

http://goo.gl/30TjNW

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

顧問契約・企業研修などのお問い合わせ・ご用命は 

こちらまでお願いいたします。

 

【株式会社やまとごころ 研修・講師派遣】

担当:岡田、谷口、阿部

連絡先: support@yamatogokoro.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━