村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

継続こそインバウンド成功のカギ

こんばんは。
やまとごころの村山です。

今日から10月になりました。
今年も残すところ3カ月!
本当にあっという間です。
やまとごころもスピードを上げて
インバウンドの情報発信・研修など
取り組んでいきたいと思います。

さて、今日は10月1日で免税法改正スタート。
様々な動きが加速しています。

ざっと、本日のインバウンドに関連する
ニュースをピックアップしてみました。

見出しのみをご紹介しますね。

・10月から訪日外国人向け化粧品・食品・名産品が
 免税対象に―国慶節大型連休に中国人観光客殺到へ
・POS連動の「免税アプリ」が誕生、訪日外国人の
 新免税制度対応でパスポートデータ取込み機能など
・中部国際空港、訪日外国人向け観光PR施設
 「Tourist Information&Service」を開設
・「国慶節」連休、円安“買い物天国”、
 海外ブーム…中国人観光客取り込め
・国慶節連休目前の日本 銀座で中国人観光客
 を迎える準備
・西武渋谷店にご当地・限定ハローキティ店
 -中国「国慶節」に合わせ
・中国 国慶節連休直前、日本旅行に関する
 新浪微博(シナウェイボー)書き込み調査
・東京都内で最も日本らしい場所はどこ?
 日本在住の外国人に聞いてみた!
・ビック、訪日客に無料無線LAN
 免税対象拡大、来店を促す
・ドン・キホーテ/訪日観光客専用の
 コールセンターを新設
・日本のポップカルチャーに熱狂
 初開催の「もしもしにっぽんフェスティバル」
・グローバルブルーTFS、免税書類発行サービスを刷新
・プリンスホテル、2014年中にタイのバンコクに
 営業拠点を開設
・国慶節連休にアジア旅行の中国人、
 25%が80年代生まれ 女性が64%
・ヴィクトリアは外国人観光客向け
 免税サービス店舗を拡大
・オリックス自、銀聯でレンタカー決済
・中部、ムスリム受入体制を拡充、礼拝前の
 お清め用水栓など新設

ほとんどが免税に関連する取り組みです。
注目度の高まりを感じますね。

ちなみに、今日の報道ステーションでも
免税法改正の話が取り上げられるようです!



さて、今日のテーマは、

━━━━━━━━━━━━━━
継続こそインバウンド成功のカギ
━━━━━━━━━━━━━━

です。

以前、「インバウンドに奇策なし」
というテーマでコラムを書きました。
http://goo.gl/QJFHev

免税法改正の施行、外国人観光客の増加
など受け、いわゆるインバウンドブームに
なりつつある今、インバウンドを
「打ち出の小槌」と思い、参入する方も
多いように感じます。

また、ターゲット市場を見たときに、
尖閣問題が勃発する前には中国に注力
していた企業・自治体も、その後は、
タイを中心とした東南アジアにシフトに
大きく舵を切りました。

いま、中国が戻ってきて、過去最高を
毎月更新する中、中国市場に再度注力
する企業も増えています。


ただ実際のところ、最近の中国市場の
復活で本当に顧客を獲得しているのは、
尖閣問題などで中国からの観光客が
減少しているときにも継続して営業活動を
行ったところというのが実情です。

昨日、ザ・キャピトルホテル 東急の
マーケティング&セールス マネジャーの
松本さん、赤松さんとご一緒させて頂きました。
(とても盛り上がり、また色々ご紹介
 させて頂きたいネタが沢山あります!)

2012年に開催された中国国際旅游交易会
(CITM)では、政治問題のため、
日本企業・自治体のブースが出展できない
ことがありました。

この時、出展を予定していた多くの企業は
中国行きを取りやめ、その後、東南アジア
シフトを鮮明にしていきました。

松本さんも会社には中国行きを反対された
のですが、中国行きを決行(自腹に近い形で)。
中国の旅行会社にまわり、関係を維持・強化
していったのです。

その結果、中国市場自体が回復している今、
それがビジネスに直結する状態になっています。

ちなみに、私自身も2012年CITMに取材
という形で参加してきました。
その際、訪日旅行を扱う旅行会社も時間が
とりやすい状況で、10社ほど回ってきました。
そこで、旅行会社の方がおっしゃっていたのが、

━━━━━━━━━━━━━━
こんな状況でも来てくれる日本企業はごくわずか。
逆にそういう企業は目立つし、市場が回復したら、
そことしっかり手を組んでビジネスをやる
━━━━━━━━━━━━━━

ということでした。

他にも私の知るところでは、
現JIS(当時ドン・キホーテ)の中村さんも
そんな状況下に現地に足を運び継続した
営業活動を行っていらっしゃいました。

お二人の取り組みをご紹介しましたが、
やはり重要だと思うは、

━━━━━━━━━━━━━━
短期的な利益だけでなく、
中長期的視野で取り組むということ。
━━━━━━━━━━━━━━

そして何よりも

━━━━━━━━━━━━━━
継続して取り組む
━━━━━━━━━━━━━━

ことです。

是非、皆さんがインバウンドに
取り組む上で参考にしてみてください。

本日はここまで。

村山慶輔

-------------------------------------------
<お知らせ>
☆第28回東京ビジネス・サミット
 「ジャパン・インバウンド・エキスポ」
 10月2日、3日 http://goo.gl/SH3Taf

☆第3期 インバウンドビジネス基礎講座
 10月20日~21日 http://goo.gl/YjGXkH
  締切日:10月17日(金)残席15名

☆【東商】外国人旅行者を呼び込むためのWEB戦略セミナー
 11月7日(金)http://goo.gl/xY37w3
-------------------------------------------