村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

先週のインバウンドニュースを解説!

こんにちは。
やまとごころの村山です。
先週は、インバウンド・エキスポ・ジャパン
の出展など盛りだくさんの週でした。

週末は一泊二日で千葉に視察へ。
成田空港のそばのマロウドインターナショナル
ホテル成田に宿泊させて頂きましたが、
団体の外国人観光客が非常に多く印象的でした。
一方、個人客への配慮のきいたおもてなしもあり、
快適な宿泊でした。

また、近くのイオンモールへ行ってきましたが
ここも国慶節のせいか外国人が殺到。
モールのタイ料理屋さんはタイ人で満席。

ちなみに、成田空港第2ビルターミナルの
ハラル認証をとったそば・てんぷら屋さんへ
行ったのですが、イスラム教の方々も
たくさんおり、認証効果も出ているように
感じました。

などなど色々と現場視察に行った週末でした。


さて、本日は月曜日ですので、
先週のインバウンドニュースを振り返り
たいと思います。

以下が、先週のインバウンドニュース
トップ10になります。

==============================
==========
やまとごころニュース 2014/9/29-10/5
今週の人気ランキングTOP10より
==============================
==========

■ 第1位
消費税免税制度の改正がスタート、銀座三越で記念イベント
http://goo.gl/rFP3KW
出典:やまとごころjp 10/1

■ 第2位
食品、化粧品も消費税免税 外国人旅行者向け
百貨店、鼻息荒く
http://goo.gl/YaFGDc
出典: 東京新聞 10/2

■ 第3位
岐阜都ホテルが朝食/夕食ビュッフェでハラール認証取得
http://goo.gl/dsksjh
出典: 岐阜都ホテル 10/3

■ 第4位
「国慶節」連休、円安"買い物天国"、海外ブーム
中国人観光客取り込め
http://goo.gl/odWi1B
出典: msnニュース 10/3

■ 第5位
五輪訪日客増加へ 日英交流拡大覚書
http://goo.gl/eFIFk5
出典: sankeibiz 9/29

■ 第6位
映像で東北の魅力PR 外国人観光客数アップへ
http://goo.gl/8XlCXm
出典: MSN産経ニュース 9/29

■ 第7位
関空「地元」に台湾人観光客を
泉州9市4町が誘致ツアー 大阪
http://goo.gl/obb5Yu
出典: MSN産経ニュース 9/30

■ 第8位
インドネシア、フィリピン、ベトナムで数次ビザ要件緩和、
9月末から
http://goo.gl/X5DRDt
出典: トラベルニュース 10/2

■ 第9位
世界遺産・熊野は欧米に人気 ネットシステム効果で外国人客好調
http://goo.gl/XHn0gj
出典:  産経WEST 10/3

■ 第10位
ドコモが機械翻訳の子会社 来日外国人増で成長見込む
http://goo.gl/x3ec79
出典: asahi.com 9/30


いくつか触れてみたいと思います。


■ 第1位
消費税免税制度の改正がスタート、銀座三越で記念イベント
http://goo.gl/rFP3KW
----------------------------------
10月1日から消費税免税制度の改正が施行されました。
銀座三越では記念イベントが開催され、メディアも
多数参加し、大きな盛り上がりを見せました。
10月3日のジャパンインバウンドエクスポでは、
三越伊勢丹のインバウンドを率いる木村部長の
プレゼン。10月1日、2日の速報を披露頂きましたが、
昨年より大きく伸びているとのこと。
特に化粧品の伸びが高いようで、免税法改正の影響が
既に出ているのかもしれません。

私のメルマガでも繰り返し伝えていますが、
免税法改正は商業施設、そして大手だけのことでは
ありません。
鬼怒川グランドホテルでは既に免税店になり、
外国人観光客向けの物販の受け皿を整えました。
また、私の知る他の宿泊施設でも、検討を始めて
います。

また、ショッピングツーリズム協会へ届く日々の
問合せも、地方からのものが多く、地方での免税に
対する意識の高まりも感じています。

是非、このメルマガの読者の皆さんにも免税法改正、
そして、それに関わるビジネスチャンスの拡大に目を
向け、取り組んで頂ければと思います!


■ 第5位
五輪訪日客増加へ 日英交流拡大覚書
http://goo.gl/eFIFk5
----------------------------------

国レベルの観光交流拡大の取り組みです。
日本としては、2020年東京五輪での訪日客増に向け、
12年のロンドン五輪のノウハウや経験について
情報交換するというもの。
相互の交流は非常に重要な取り組みだと
思いますので、是非、具体的な成果に繋がる
取り組みになればと願っています。

ちなみに、2013年の英国からの訪日客は約19万人、
日本からは22万人が訪英。
現状では、日本人の方が多く渡英していますが、
この日英交流が今後継続していくためには、
この両方の数字をもっと増やしていく必要が
ありそうです。両国への観光客増というのが、
前提になると思いますので。

ちなみに、イギリスは国土が狭く島国ですが、
年間3000万ほどの外国人観光客を呼び込んでいます。
そういう意味でもイギリスから学べることは
色々あるはずです。

この交流拡大が成果に繋がり、それを
横展開していけると、日本の観光立国への
大きなプラスになりそうです。


■ 第8位
インドネシア、フィリピン、ベトナムで
数次ビザ要件緩和、9月末から
http://goo.gl/X5DRDt
----------------------------------

外務省は、9月30日からインドネシア、
フィリピン、ベトナムへのビザを大幅に緩和しました。
数次ビザの有効期間を最大5年に延長。また、
発給要件も緩和し、ハードルを下げ、より多くの
方が訪日できるようになりそうです。

この動きを受け、これらの国からの訪日客の
増加は加速していくでしょう。
特に個人旅行の増加は顕著になると思いますが、
皆さんはこの動きを受け、どういったアクション
を取りますか?

個人旅行増を踏まえた宿泊プランの提案、
現地旅行会社へのアプローチ、ネットでの
情報発信の強化など、様々な打ち手が考えられる
と思います。

また、将来のビザ解禁を念頭にこれらの市場
に対してよりアクセルを踏んで取り組んでいく
など、戦略的な取り組みも重要になってくると
思います。

こういった規制の緩和、環境の変化には
ビジネスチャンスが伴います。皆さんはこの
緩和にどう対処していきますか?
是非、検討してみてください。


本日はここまで。
では、今週もよろしくお願いします!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆ADK x 宣伝会議特別記念フォーラム
 コミュニケーション未来2020
 JAPAN ACTIVATION
 ~ 2020年に向けて日本の「集客」のあり方を探る ~
 
http://goo.gl/I0b0Ve

☆第3期 インバウンドビジネス基礎講座
 10月20日~21日 
http://goo.gl/YjGXkH
 *締切は10月15日(水)まで

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C

------------------------------
-------------