読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

目先の売上か?中長期のファンか?

こんばんは。
やまとごころの村山です。
今日は一日バタバタしており配信が遅れました・・・

年明け早々からたくさんの方に
お会いできる機会が頂け、感謝しております。

昨日の九州でも、かなり久々に
お会いした方が、九州の観光の中心役として
活躍しておられたり、50年前からインバウンド
の取り組みをしておられる宿のオーナーに
すてきなお話を聞かせて頂いたり、
特に経営者の方が多かったので、名刺交換
させて頂いていて非常に楽しかったです。

こういう出会いを私自身も橋渡ししていけるよう、
場を作っていくなど仕掛けていきたいと思います。


さて、話は変わりますが、
昨年末からご案内している
第4回インバウンドビジネス基礎講座ですが、
いよいよ残席が少なくなってまいりました。

残席は残り4名。

来週には満席になると思いますので、
ご興味ある方はお早めに!

第4回インバウンドビジネス基礎講座【残席4名】
http://goo.gl/wwg5m8


さて、本日のテーマは、

目先の売上か?中長期のファンか?

です。

最近ある百貨店の方と話をしました。
その百貨店では言語対応に力を入れており、
ツールの利用などもしているのですが、
スタンスが素晴らしかったので共有しますね。

外国人観光客からの質問は多岐にわたります。
その百貨店では商品等に関する質問ももちろん
あるのですが、それ以上に次にいく目的地や
交通手段など、百貨店に関係ない観光案内等の
質問もかなり多いとのこと。

そういった観光案内などは自分たちの
業務外ということで現場も経営陣も敬遠
しているところも多々あります。

ただ、その百貨店のスタンスとしては、
観光案内でもどんどん対応しよう、
それで自分たちの施設に来たら親切な対応を
受けてよかった!
そう思って頂き長い目でファンを作っていこう
そんなスタンスを明確にもたれていました。

つまり、

目先の売上より、中長期のファン作りに

より注力しているのです。

そんなこと当たり前だ!
という方もいらっしゃるかと思いますが、
意外と少ないというのが私の実感です。

皆さんの施設ではどうでしょうか?

また、今後どんなスタンスで外国人観光客を
おもてなししていきますか?

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆第4回インバウンドビジネス基礎講座
 2015年1月22日(木)~23日(金)
 【残席】4名
 
http://goo.gl/nolKb3

☆インバウンド本出版決定!(予約受付中)
 「訪日外国人観光ビジネス 入門講座」
 
http://goo.gl/D0BIX9

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------