読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

先週のインバウンドニュースを解説!日本郵便が訪日中国人向けに土産物をネット通販

こんばんは。
やまとごころの村山です。

皆さん週末はいかがでしたでしょうか?

私は土曜日の午前中に飛騨高山を
色々回ってきました。

印象としては、やはり外国人観光客が多いなと。
欧米の方も多いのですが、それ以上にアジアの
方が多い印象を受けました。
また、お店の方も外国人対応にとても慣れている
ようで、お土産屋さんのおばちゃんも片言英語で
普通に接客していました。

今回は行けなかったのですが、
半年前に宮川朝市に行ったときはとにかく
凄い外国人の数。
ある店のおばちゃんは流暢な英語で呼び込みして
いたのが印象的でした。
ちなみに、相手が日本人でも英語で
呼び込んでいたのはちょっと気になりましたが・・・


ちなみに今回、飛騨高山で有名な酒蔵に行きました。
外国人観光客にも人気なお店で店員さんに、
どんなお客さんが多いのかを聞いたところ、
こんな話を教えてもらいました。

欧米人とアジア人は半々くらい。
欧米人は150円の試飲をいくつかして、
1時間くらい滞在することが多い。
一方、アジア人はこの店で一番高いお酒がほしい!
というオーダーの仕方が多いそうです。

面白いですよね。

ちなみに、私はインバウンドでいろんな施設の
支援をしていますが、「一番高いものが欲しい」
というオーダーの仕方は結構あります。
こういう時のために高い商品ラインナップを
用意しておくことで単価アップを実現している
ところもあります。

今回ご紹介したお店の一番高いお酒は7000円。
まだまだ売上アップのチャンスはありそうです。


さて、遅くなりましたが本日は週始めですので、
先週のインバウンドニュースを振り返ります。

以下が、先週のインバウンドニュース
トップ10になります。

==============================
==========
やまとごころニュース 2015/1/13-1/18
今週の人気ランキングTOP10より
==============================
==========

■ 第1位
観光庁、14年度補正予算は42億円-地域観光振興、訪日促進
http://goo.gl/5eQdux
出典: トラベルビジョン 1/13

■ 第2位
日本郵便が訪日中国人向けに土産物をネット通販
予約の品物を日本の宿泊先にお届け
http://goo.gl/l9Izal
出典: 産経ニュース 1/14

■ 第3位
長野)野猿公苑、外国人おもてなし サポート施設好評
http://goo.gl/D4WQ4L
出典: asahi.com 1/13

■ 第4位
訪日外国人が土産に日本酒 羽田の免税店で人気
http://goo.gl/cc8mLW
出典: 産経ニュース 1/14

■ 第5位
双方向で700万人実現へ-日韓観光関係者一堂に東京でシンポ(
1)
http://goo.gl/Ppd0y1
出典: トラベルニュースat 1/16

■ 第6位
中国人観光客の「取り込み」 日本の商業施設が強化=中国メディア
http://goo.gl/sOaOJZ
出典: サーチナ 1/15

■ 第7位
和食の魅力を京都から 農水省がイベント開催へ
http://goo.gl/XY7v72
出典: 産経ニュースWEST 1/15

■ 第8位
訪日中国人へのビザ緩和で旅行会社に説明 上海の日本総領事館
http://goo.gl/z9DxTN
出典: 産経ニュース 1/15

■ 第9位
【27年度予算案】 観光地の魅力向上で地方創生...
東大阪の工場見学ツアー、海の京都、9県またがる「昇竜道」など
http://goo.gl/NLH35b
出典: 産経ニュースWEST 1/16

■ 第10位
兵庫県篠山市の一般社団法人「ROOT」、
通訳案内士向けスタディツアー開催
http://goo.gl/VyLcKu
出典: トラベルビジョン 1/16


さて、今日もいくつか触れてみたいと思います。


■ 第1位
観光庁、14年度補正予算は42億円-地域観光振興、訪日促進
http://goo.gl/5eQdux
出典: トラベルビジョン 1/13
------------------------------
----

観光庁の補正予算についてのニュースです。
今回の補正予算で観光庁は以下のように
予算配分をしたとのこと。

(1)「地域観光振興緊急対策事業」5億3000万円
(2)「
訪日2000万人に向けた新規インバウンド需要創出事業」
    34億1600万円
(3)「
地域経済活性化に資する放送コンテンツ等海外展開支援事業」
    3億円

一番大きいのが(2)の新規インバウンド需要創出事業。

訪日外国人旅行者数2000万人時代に向けて、
4月を中心とした春の桜シーズンなどの新たな訪日シーズンの
創出・定着、中国沿岸部・内陸部等の新たな市場開拓等を
推進するため、集中的なプロモーションを切れ目なく実施

していくようです。
新規の需要創出こそ、1民間企業や1地域では
なかなかできないこと。
また、単発のプロモーションでなく、
継続的なプロモーションが重要なので、
是非、地道な取り組みに期待したいと思います。

ちなみにそれぞれの補正予算に
共通するキーワードは「地方」。
今まで以上に「地方」への外客誘致が
強化されていきそうです。


■ 第2位
日本郵便が訪日中国人向けに土産物をネット通販
予約の品物を日本の宿泊先にお届け
http://goo.gl/l9Izal
出典: 産経ニュース 1/14
------------------------------
----

日本郵便が仕掛けた面白い取り組みですね。
これまでもいくつか同様のものもありましたが、
ここまでの規模はなかったので、要注目。

特にC-Tripと連携しているところが、
大きなポイントだと思います。
急増する中国インバウンド市場をいかに
捉えることが出来るか?

お土産買い、指名買いが多いのが中国
市場の特徴としてありますが、どんな
品揃えを提供できるかが一つ勝負のカギに
なるでしょう。

ちなみに、当初は特産品や化粧品、家電など
約1000品目でスタート。
年内には2000品目、3年後に売上300億
を目指すとのこと。

今後注目していきたいと思います!


■ 第7位
和食の魅力を京都から 農水省がイベント開催へ
http://goo.gl/XY7v72
出典: 産経ニュースWEST 1/15
------------------------------
----
京都発のインバウンド関連ニュースが最近
特に増えているように感じます。

今回は、農林水産省が「和食道」と題したイベントを
京都市で開くとのこと。
ユネスコの無形文化遺産に登録された和食の魅力を
京都から発信していくためのイベントです。

他にも食の分野で以下の動きもあります。

京都市は昨年8月に株式会社ぐるなびと
地域活性化包括連携協定を締結し、
京料理や清酒、京野菜など京都の食文化をはじめ、
伝統産業や農林業、観光など様々な分野の振興に
向けて提携しています。

ちなみに、
昨年11月には世界最大の口コミサイト
トリップアドバイザーと提携。

米国「Travel+Leisure」誌で
ベストシティランキング世界1位に
選ばれるなど、京都におけるインバウンド
の動きが加速しています。

京都だから・・・ではなく、
うちも・・・なら出来る
うちも・・・なら負けない
という視点で、
東京も含め、他の都市、そして、地方も
インバウンドへのアクションを加速して
もらえればと思います!

本日はここまで。
では、今週もよろしくお願いします!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆第4回インバウンドビジネス基礎講座
 2015年1月22日(木)~23日(金)
  満員御礼:キャンセル待ち受付中
 
http://goo.gl/nolKb3

☆インバウンド本出版決定!(予約受付中)
 「訪日外国人観光ビジネス 入門講座」
 
http://goo.gl/D0BIX9

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------