読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

口コミをマネジメントする

こんにちは。
やまとごころの村山です。

昨日からインバウンドビジネス基礎講座を
開催しています。
いろんな業種の方がいらっしゃり、
私自身も刺激を受けながらお話させて頂いています。

業種が多いとなかなか的は絞りづらいですが、
様々な事例を自分の業種や施設に置き換え、
学んで頂ければと願っています!

ちなみに次回開催は4月を予定しております。
また、準備が出来次第ご案内しますので、
ご興味ある方は是非検討ください。


さて、本日のテーマは、

口コミをマネジメント

する。


インバウンドにおいて口コミというと、
トリップアドバイザーさんが大きな役割を
担っています。


このメルマガの読者の皆さんは

トリップアドバイザー

をご存知ですよね?

私も何度も取り上げていますので。


そのトリップアドバイザーをいかに
活かすか?というのは、今後さらなるFIT化
が進むインバウンドにおいて重要度が
増しています。

その中で重要なのが、

口コミをマネジメント

するという考え方です。

よくあるのが、勝手に掲載されて
勝手に書かれている・・・
ということで直視せず、放置している施設も
あると思います。

それでは、なかなかこの口コミが影響力を
持つ時代で成功していくことができません。

海外では、

Reputation Management

という言葉が定着してきています。


まさに、

評判をマネジメントする

ということです。


私の知っている外資系企業でも、
Reputation Management専門のチームを抱え、
世界中のあらゆる口コミサイトで
自社の評判がどうなっているか?
それに対していかに適切に処理するか?
という取り組みが重要になっています。


トリップアドバイザーで高い評価を
得ている施設の多くは、その口コミに
対して、真摯に対応する、また、
返答することをしっかり徹底しています。

ちなみに、外国人観光客に人気の
レストランに上位に選ばれたある施設では
口コミ対応の専任担当を置いています。


また、口コミを増やすための様々な
「施策」も実行しています。

トリップアドバイザーの方に伺ったのですが、
あるホテルでは、

「Your feedback is a gift」

というスタンスで、口コミをもらうため
促しているようです。

広告費をかけるなら、それを
口コミのマネジメントをする専属スタッフ
配置に活用したほうが効果的!
といって実際に実践して成果を出している方も
いらっしゃいます。

是非、口コミをマネジメントするという
意識で、皆さんの事業の取り組みを一度
見直してみてはいかがでしょうか?

本日はここまで。よい週末を!

村山慶輔

-------------------------------------------
<お知らせ>
☆インバウンド本出版決定!(予約受付中)
「訪日外国人観光ビジネス 入門講座」
 http://goo.gl/D0BIX9

☆今後の講演スケジュールはこちら
 http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------