読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

【海外事例】タイ最大級の商業施設のウェブから学べること 

こんにちは。
やまとごころの村山です。

今月も残すところあと4日ですね。
1カ月は本当にあっという間ですね。

来月の予定を見直していたところ、
講演の数が12件ほど。
色んな機会を頂き、感謝しております!

その一つが来月2月10日に神戸で
開催される観光立国フォーラムです。
ご興味ある方は是非ご参加ください。
http://goo.gl/YLyQO7


やまとごころでは以下のような
イベントを企画しております。
ご興味ある方は奮ってご参加ください。

やまとごころサポーターズ説明会
2月9日(月)11時~12時 残2名
http://goo.gl/nduvuB

【55歳以上限定意見交換会】
経験・ネットワークをどうインバウンドに活かすか?
3月2日(月)11時~12時半
http://goo.gl/gUSSh1



さて、本日のテーマは、

タイ最大級の商業施設のウェブから学べること

です。


今日は、タイ最大級のショッピングセンター、
「セントラルワールド」のウェブサイトから
学べることをご紹介したいと思います。

まず、
この「セントラルワールド(Central World)」
はどんな施設なのか?

バンコクに行ったことがある方は
ご存知の方も多いと思いますが、Siam駅
近くにある大型ショッピングセンターです。

伊勢丹、紀伊國屋などもあり、
日本人にも人気のスポットです。

では、このセントラルワールドの
ウェブサイトはどうなっているのか?

↓こちらがセントラルワールドの本体サイト
http://goo.gl/ttLSQB

いくつかポイントを挙げたいと思います。

1.Tourist向け専用のページが用意されている
  トップページのメニューに一番右に
  「Special Offer for Tourist」というものがあります。
  そこをクリックすると、
  Tourist向け専用ページが立ち上がります。
  
http://goo.gl/q1Q787

  日本の商業施設も多言語で海外向けサイトを
  構築しているところが増えましたが、
  観光客向けに専用サイトを構築しているところは
  まだ少ないでしょう。


2.Tourist向け専用のページでは以下のコンテンツを掲載

 ・施設の一般情報
 ・提供する付帯サービス
 ・Must-visit(オススメ観光スポット)
 ・観光客向けプロモーションページ(Free WiFiを提供)
 ・観光客向け特典ページ
 ・イベント
 ・ショップディレクトリ
 ・アクセス情報
 ・お役立ち情報 など

 です。

 日本でも春節の時期などキャンペーン時期に1ページだけ
 外国人観光客向けのページを作るケースも増えていますが、
 常設でこれだけの情報を発信しているのは素晴らしいですね。


3.ネットから特典カードの申込みができる

様々なショップやレストランで割引が享受できる
特典カードを観光客向けに提供しているようです。
ネットで申込みし、返信メールにコードが
発行されているので、それをセントラルワールド
のカウンターで伝えれば、カードがもらえる流れに
なっています。

ちなみに申込みの際に、
・国籍
・どうやってこの施設を知ったか?
・何に興味があるか?
・タイ訪問の目的は?
などの情報も聞かれます。これは重要ですね。



4.アクセス情報は観光客に分かりやすいものを用意

観光客向けアクセスページ
http://goo.gl/sIoo8Y

本体サイトのアクセスページ
http://goo.gl/d9WFkV

観光客向けアクセスページは
観光客でも比較的分かりやすいような形になってますね。
当たり前といえばあたりまえなのですが、
これが出来ていない日本企業は多いです。
(日本語のアクセス情報をそのまま翻訳など)


5.お役立ち情報では大使館等の連絡先、為替レートを掲載

海外での買い物で為替はとても重要ですね。
このサイトで為替や大使館連絡先をチェックするかは
不明ですが、親切な印象は受けます。


6.ソーシャルの活用が積極的

セントラルワールドでは、

・フェースブック、
・ツイッター、
・インスタグラム、
・ユーチューブ

の4つのソーシャルメディアを
活用しています。

日本ではあまり馴染みがない方も
いるかもしれませんが、インスタグラムは
タイではとても人気があります。
タイ向けプロモーションでは欠かせないでしょう。

ここではソーシャルメディアの
細かな分析は割愛しますが、積極的に
活用していることが見て取れますので、
参考にしてみてください。

Facebook:
https://www.facebook.com/CentralWorld

Twitter:
https://twitter.com/CentralWorld

Instagram:
http://iconosquare.com/centralworld

Youtube:
https://www.youtube.com/user/CentralWorldBangkok?feature=mhee


以上です。

今回はタイの商業施設のウェブ事例を
簡単にご紹介しました!

是非、参考にしてみてください。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆やまとごころで人材を募集中!
 ◎やまとごころ企画・コンサルメンバー募集
 
http://goo.gl/29OwhN
 ◎やまとごころイベントサポーター募集
 
http://goo.gl/U72fFp

☆インバウンドビジネス入門セミナー開催
 第9回  2月9日(月)18:30-20:30
 第10回 3月10日(火)18:30-20:30
 
http://goo.gl/sxXA3w

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------