読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

海外のニーズに合わせる

こんにちは。
やまとごころの村山です。

実は今日は朝から
自治体国際化協会(CLAIR/クレア)
のセミナーで講演をさせて頂きました。
日本全国から自治体の観光担当者が
約80名参加。

セミナーは、私のパートの他、
原宿表参道欅会の中島さん、
レジャーサービス研究所の斉藤さん
の3名。

多くの皆さんと名刺交換させて頂きましたが、
改めて地方の皆さんのインバウンドにかける
意気込みを感じました。

と同時に具体的な進め方を模索している・・・
という方が大半。まだまだやれることは
ありそうです!


あと、1点ご案内です。
来週2月9日(月)に
インバウンドビジネス入門講座を開催します。

少しキャンセルが出ましたので、
若干残席があります。
これからインバウンドを始めたい!
全体感を掴みたいという方は是非ご参加ください。
http://goo.gl/YMVaXb



さて、本日のテーマは

海外のニーズに合わせる

です。


セミナー終了後にレジャーサービス研究所の
斉藤さん、そして、弊社の此松とディスカッション
をしました。


その時に話題になったのが、

海外にニーズに合わせる

ということ。


自治体の方々と名刺交換させて頂きながら
立ち話をした際に多くの方は

・自分の地域には○○がある
・○○を売っていきたい!
・○○は外国人に受けるのかどうか知りたい

とおっしゃいます。

これは自分たちが売りたいものであって、
海外でニーズがあるものかは別の話です。


少し視点を変えたいと思います。

私の経験ですが、
こんな話があります。


アメリカ留学をしていたときや
インバウンドの仕事の中で香港にいろんな
知り合いがいます。

彼らと日本へ旅行の話をするといつも
こんなことを言います。

------------------------------
------
北海道で夏に英語で対応してくれる
サマースクールがあれば是非行きたい!
------------------------------
------

香港は狭く、大自然がないので、
自分の子供には自然を体験してもらいたい
というニーズがあります。
それを人気の北海道で、且つ、英語で
やってくれるなら、是非行きたいと。

でも調べるとあまりないとのこと。
(あれば教えてください)


ここに

------------------------------
------
海外のニーズと提供側のコンテンツのミスマッチ
------------------------------
------

があります。


こんなミスマッチが知らないところに
いくらでもあったりします。

レジャーサービス研究所の斉藤さんと
話をしていると、こんなミスマッチの
ネタがいくらでも溢れ出てきます。本当に!
現地のキーパーソンを握っているからこそ
ビジネスに繋がるネタを豊富にもっておられます。

別のミスマッチの事例(ツーリングの件)を
以前のメルマガでもご紹介したので、
ご興味ある方は以下の記事をご覧ください。
http://goo.gl/MQMv32


話をまとめます!

------------------------------
------
自分たちが押したいコンテンツから考えるのではなく、

海外のニーズを把握し、それに合わせる
------------------------------
------

という発想で、皆さんのインバウンド施策を
一度見直してみてはいかがでしょうか?


本日はここまで。よい週末を!


村山慶輔


Ps.
ちなみに、レジャーサービス研究所の
斉藤さんの中国側のブレイン
(富裕層をネットワーク化している
ス―パーガイド兼ビジネスオーナー)
を招聘して、中国富裕層ニーズと
皆さんの地域の魅力のマッチングを
サポートするための企画を今準備しています。
(私もお会いしましたが凄い方です。)

ご興味ある方は以下までお問合せください。
優先して企画についてのご案内をさせて頂きます。
support@yamatogokoro.jp

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆インバウンドビジネス入門セミナー開催
 第9回  2月9日(月)18:30-20:30
 第10回 3月10日(火)18:30-20:30
 
http://goo.gl/sxXA3w

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------