読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

時間軸でインバウンドを考える

こんばんは。
やまとごころの村山@京都です。

今日は朝から大阪で打合せ+研修。
講演はとあるグループ会社で実施。
様々な業種のトップから現場のスタッフまで
多くの方に参加頂きました。

100名を超える方々の参加もあり、
インバウンドに対する興味・関心の高さが
感じられました。


今日は京都に1泊し、明日始発で東京に戻ります!


さて、本日のテーマは

時間軸でインバウンドを考える

です。


先日、ドン・キホーテグループのJISの
中村さんとセミナーでご一緒させて頂きました。

その際に中村さんがおっしゃっていたのは、
インバウンドを時間軸で考えることが重要だと。

どういうことかというと、
ドン・キホーテでは
夜の時間に外国人観光客からの売上が圧倒的に伸びます。

他の店が閉まる20時や21時以降などに
そのピークがくるのです。

アジアに行ったことがある皆さんは
よくご存知だと思いますが、
アジアの方々は食事を食べてから
買い物に行くことが多いのです。
ですので、現地の商業施設も結構遅くまで
営業しています。

食事してお酒を飲んでいるので、
財布の紐も緩んだり・・・

そういったニーズを捉えるためには
ドンキさんのように遅くまで店舗を
営業することも効果的です。

もちろん、大企業においては営業時間
を延長するためには様々なハードルが
あるでしょう。例えば、労働組合など・・・

そのあたりをどうバランスとっていくか
は今後より重要な経営判断になるでしょう。

一度、皆さんの事業に置き換えて、
「時間軸」という切り口で皆さんのインバウンドの
取り組みを再検討してみてください!


本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆インバウンドビジネス入門セミナー開催
 第10回 3月10日(火)18:30-20:30
 
http://goo.gl/sxXA3w

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------