村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

観光客ばかりのところには行きたくない!

こんにちは。
やまとごころの村山@大阪です。

先日ご案内しました、
3月13日(金)に福岡で開催するインバウンド交流会。
すぐに10名以上の方にお申込み頂きました。

東京からは私だけでなく他にも面白い方が参加予定。
また、熊本、大分からも参加を表明頂いております!

全く誰も知らないので不安・・・

という方も奮ってご参加ください。

初めての方でも参加しやすい雰囲気を
私が責任もってご用意します!

ちなみにこういう交流会を数多く開催してきて、
異業種の参加者からよく言われるのは、

「村山さん、インバウンドの交流会はみんな明るいですね!」

という一言。

国内では縮小傾向の市場が多いなか、
インバウンドはまさにこれからの市場。

自然とそこに参加する皆さんも明るい雰囲気を醸し出して
いるのかもしれません。

ご興味ある方は、奮ってご参加ください。
あと、受付サポートも募集中ですので、
参加頂ける方で受付手伝ってもいいよ!という方は
その旨をお申込みの際に教えてください。(コメント欄あり)

↓お申込みはこちら
http://goo.gl/OdJPD9



さて、本日のテーマは

観光客ばかりのところには行きたくない!

です。


先日、ある中国の旅行会社の訪日責任者の方と
お話をさせて頂く機会がありました。

年間4万人弱の中国人観光客を日本に送客している
のですが、日本に詳しく日本語もベラベラの彼は
独自の視点から中国人の心を掴むツアーを提供
しているのです。


一言でいうと、

観光客ばかりのところには行きたくない!

という顧客のニーズを踏まえたサービスを
提供しています。


たとえば、飲食店。

中国人観光客ばかりいる飲食店に送客すると、
クレームになることが多いとのこと。

つまり、同じ中国人観光客ばかりであふれている
お店にいっても面白くない。さらにはうるさい。
みたいなクレームが多いのです。

ただ、送客側としては料金もやすかったり、
受入れも慣れているので送客しやすかったり
するので、そこを選んでしまうのが一般的な
旅行会社。

彼のスタンスは、中国人観光客ばかりの所には
絶対連れて行かない。仮にホテルが他と同じに
なっても、団体用の大型のビュッフェスタイルの
店には連れて行かず、個人客が中心の静かなお店が
1000円高くともそこに連れていくとのこと。

1000円の違いが顧客満足に繋がり、
この旅行会社のツアーは間違いないという評判が
口コミで広がり、さらにリピーターも増えるというのです。

ツアーのルートについても同様に、
皆がまだゴールデンルートを売っているであれば、
自分は中国地方を売りたいということで、
中国地方の色々な地域に足を運んでは好きな温泉
を巡り、独自の視点でツアールートを開拓しているのです。

中国地方は売れる

彼はそう言い切っていました。


この話ですが、
我々日本人が海外へ行くときも
同じではないでしょうか?

少なくとも私は海外へ行くときに、
日本人の方ばかりが多いところよりは、
現地の方に人気のローカルなお店に
いきたいという気持ちが強いです。

極端な話、
現地の人の家に行って一緒に食事をしたい!
なんて思いも強く持っています。

全員が全員そんな思いではないと思いますが、
観光客ばかり・・・のところには行きたくない
という層もいることは確かだと思います。

そんな層がいることを踏まえると、
皆さんはどのようなアプローチができるでしょうか?

是非、検討してみてください。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆やまとごころキャリア お試し掲載キャンペーン実施中!
 【2015年3月末まで】
 
http://goo.gl/aX8MfS

☆第5期インバウンドビジネス基礎講座開催【残席:9名】
 4月20日(月)~21日(火)
 
http://goo.gl/9Y8q8n

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第11回4月6日(月) 18:30~20:30
 第12回5月11日(月) 18:30~20:30
 
http://goo.gl/QC2sJE

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------