読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

あえて遠くのインバウンド事例と比較する

おはようございます。
やまとごころの村山です。

昨日は松江で講演。
その後はインバウンド受入れに関するディスカッション、
そして、懇親会と盛りだくさん。
島根だけでなく鳥取の行政・民間の方とも交流ができ、
非常に有意義でした。

今朝、米子空港に向かう際の霧がかった
中海の景色は最高でした。今回は駆け足でしたが、
次回はよりゆっくり滞在して山陰の魅力を満喫
したいなと改めて思いました。


さて、本日のテーマは

あえて遠くのインバウンド事例と比較する

です。

インバウンドで色んな地域や企業と接点を頂いている中で
感じるのは、同じ地域、同じ業種、それもかなり近いところ
との比較ばかりしているということ。


つまり、やはり皆ライバルが気になるのです


「あそこはこんなことしている・・・」
「あっちは〇〇%外国人が増えているけど、こちらはこれだけ・・
・」
「あちらがインバウンドにかけている予算はこれくらいらしい・・


などライバルと捉えているところの一挙手一投足を把握し、
それをベースに自社の様々なインバウンドの意思決定をしていく。

これは、ライバルと切磋琢磨しお互い伸ばしていける、
また、外国人観光客も最終的にはその比較の中で選んでいる
ところもあるのでとても重要なことだと思います。

ただ、そのライバルとの比較に終始してしまうと、

もったいない

と感じています。

もっと遠くには、
もっとインバウンドで成功している地域や
企業も多々あります。
また、さらには海外まで広げると
さらに参考になる取り組みもあるのです。

視野を広げることで新しい発想に繋がり、
そこからイノベーションが生まれる可能性も高まるでしょう。
また、そういった遠くの情報にアクセスすることで、
新しいネットワークづくりに繋がるかもしれません。


やまとごころでもそんな情報や場を提供していければと
思っていますが、是非皆さんの方でも

あえて遠くのインバウンド事例と比較する

を意識してみてはいかがでしょうか?

インバウンドの取り組みの何かヒントに繋がるかもしれません。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆やまとごころキャリア お試し掲載キャンペーン実施中!
 【2015年3月末まで】
 
http://goo.gl/aX8MfS

☆第5期インバウンドビジネス基礎講座開催【残席:6名】
 4月20日(月)~21日(火)
 
http://goo.gl/9Y8q8n

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第11回4月6日(月) 18:30~20:30
 第12回5月11日(月) 18:30~20:30
 
http://goo.gl/QC2sJE

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------