読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

インバウンドで重要なのはシェアではなくシェア!

 

こんばんは。
やまとごころの村山です。

今日は一気に温度が上がり、
コートなしで全然問題なしでした。
春の到来を感じます。

街を歩いていても、周りのインバウンドの
プレイヤーと情報交換していても、
外国人観光客も増加を日々ひしひし感じています。

そんな中、本日JNTOから2月の訪日客数のデータの
発表がありました。

↓最新データはこちら
http://goo.gl/NkMQnI

前年同月比で57.6%と非常に高い伸びを記録しており、
今年の外客数がどれくらい伸びるか期待が膨らむところです。


話は変わりますが、今月はちょっと毛色の違う
面白そうなセミナーがあります。

インバウンドのスタートアップを検討している、
もしくは、既に始めている方を対象としてセミナーです!

やまとごころからも編集長の此松がファシリテーター
として参加させて頂くのですが、講師陣も豪華!
(実は講師陣の方は皆さん私が仲良くさせて頂いている方です)

恐らくすぐに席が埋まると思いますので、
お申込みはお早目に!

↓詳細&お申込みはこちら
http://goo.gl/SgyUVK

ちなみに当日私は東京観光財団のイベントがあり、
参加できませんが、夜の懇親会には顔を出したいと
思っています!



さて、本日のテーマは

インバウンドで重要なのはシェアではなくシェア!

です。

ちょっと意味不明という方もいらっしゃるかも
しれませんが、敢えてこの表現でテーマ設定をしてみました。

このフレーズは昨晩、昔からインバウンドでずっと
ご一緒させて頂いているコムブリッジの松下さん(社長)と
お話しているときに出たフレーズです。

といっても松下さんが言ったフレーズですが、
心に残ったので共有します!

どういうことかというと、

インバウンドにおいて重要なのは、

==============================
==================
マーケットの「シェア」を奪うということでなく、
情報やノウハウ、さらには、ネットワークを「シェア」
==============================
==================

することが大切だということです。

縮小する市場では、マーケットシェアをいかにして
奪うか?に主眼が置かれます。

ただ、このインバウンドマーケットはこれからまさに
拡大していく市場。いまの時点で重要なのは、
日本のインバウンドのマーケットを拡大すること。

そのために我々がすべきなのは

「共有する」 という意味での 「シェア」

です。

私も

「共創」

というキーワードがインバウンドのカギを
常々考えています。

ともにマーケット、新しい、ビジネスを創っていく、
そのために、情報、ノウハウ、ネットワークなどを
シェアし、お互いが切磋琢磨していくことが重要だと
信じています。

私自身、それが完全に実践できているわけでは
ありませんが、自分自身の行動を振り返りながら、

共創やシェア

の意識を持ち、実践していきたいと思っています。

先日3月15
日にやまとごころ.JP立ち上げから丸8年経ち、
9年目に突入しました。

「日本のインバウンドを熱くする」

をモットーに、今年はよりインバウンドの取り組みを
加速していきたいと思っています。

そして、ご縁があって繋がっている
このメルマガの読者の皆さんとも一緒に
日本のインバウンドを盛り上げていければと思っています!

最後に質問です。

日本のインバウンドを盛り上げるために、
皆さんは何をシェアできますか?
また、何をシェアしていきますか?


本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆やまとごころキャリア お試し掲載キャンペーン実施中!
 【2015年3月末まで】
 
http://goo.gl/aX8MfS

☆第5期インバウンドビジネス基礎講座開催【残席:5名】
 4月20日(月)~21日(火)
 
http://goo.gl/9Y8q8n

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第11回4月6日(月) 18:30~20:30
 第12回5月11日(月) 18:30~20:30
 
http://goo.gl/QC2sJE

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------