読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

日本人に○○してもらいたい

こんばんは。
やまとごころの村山です。

昨日久々に昔インバウンドでご一緒した
ある方と再会しました。
今は台湾と日本を繋ぐビジネスでアパレル系
なども含め、非常に活躍されていました。

同じものの見方でも日本人と台湾人では
大きく異なること、台湾でのビジネスの
成功のポイントなど興味深い話も盛りだくさん。

この方以外にも昔(といっても5年前ほど)に
インバウンド関連で薄く繋がっている方との
再会が続いています。やっとマーケットが
本格的に動き出してきたと実感する今日この頃です。

昨日もご案内しました
第34回やまとごころ勉強会ですが、
今日もいくつかお申込みを頂き、

残枠が【6席】

となりました。

今年度にインバウンドのいいスタートダッシュ
をきりたい方にはオススメです。

恐らく、週明けには定員に到達し、
受付終了になる見込みです。
ご興味ある方はお早めにお申し込みください。

第34回やまとごころ勉強会【残枠:6席】
http://goo.gl/A56U48



さて、本日のテーマは

日本人に○○してもらいたい

です。


今日はある化粧品ブランドで講演を
させて頂きました。

今日は、我々のビジネスパートナーである
レジャーサービス研究所の斉藤さんと
私のタッグでの講演。

私がインバウンド市場の全体感&事例を、
斉藤さんがより具体的な現地の生活習慣&販売接客ノウハウ
を話すという分担で対応させて頂きました。

実は、このタッグで結構お話させて頂いています。
全体感と具体的ノウハウの両方が学べると好評ですので、
ご興味ある方はご連絡ください。
support@yamatogokoro.jp


話を戻すと、斉藤さんがこんな話をされていました。

==============================
================
中国人の観光客は基本的に
日本人の販売接客スタッフに化粧してもらいたい、
服のコーディネイトをしてもらいたい
==============================
================

というニーズがある。

日本の販売接客のレベルは高く、スタッフはおしゃれで
中国人観光客もそんな彼らにアドバイスを受けながら
化粧してもらったり、服のコーディネイトをしてもらう
ことを本当は望んでいるというのです。

確かに本場でその国のスタッフに対応してもらいたい
アドバイスしてもらいたいというニーズはありますよね。

そのニーズを皆さんの皆さんの施設や地域に
置き換えるとどんな施策に繋げていけるでしょうか?

是非、一度検討してみてください。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆第34回やまとごころ勉強会【残席6席】
 4月17日(金) 17:30~
 
http://goo.gl/A56U48

☆第12回やまとごころ勉強会
 5月11日(月) 18:30-20:30
 
http://goo.gl/jmZrQU

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------