読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

インバウンドで起業する!

こんばんは。
やまとごころの村山です。

4月も今日で最終日。
いつも同じことを言っていますが、
本当にあっという間に1か月が過ぎていきました。

今月は桜シーズンということで多くの
外国人観光客を街中でも目にしましたが、
やはりソンクランということもあり、
タイの方がこの新宿界隈では目立っていた印象です。

今日のスタッフ日記を担当する谷口も
タイ人との会話について書いてますので、
参考にしてみてください。

ちなみに、このメルマガはもう少しで1周年になります。
昨年のGW明けから日刊で配信を開始しましたので。
GWは少しこの1年も振り返りつつ、
今後のやまとごころの取り組みの計画を立てたいと思います。


さて、本日のテーマは

インバウンドで起業する!

です。

私もよくこのメルマガでベンチャーに
ついて書いていますが、最近特に
インバウンドビジネスに取り組む起業家が
増えていると実感しています。

ちなみに以前書いた記事はこちら

==============================
===========
インバウンドベンチャーが熱い!
http://goo.gl/W0Eq54

インバウンドベンチャーが日本を盛り上げる!
http://goo.gl/Kqkcbw
=========================================

私がインバウンド事業を始めたのは2007年。

その頃とはマーケットの状況も大きく変わりました。

当時はプレイヤーも少なく、企業や自治体の
予算も少ない・・・ ある特定の旅行会社、
宿泊施設等がインバウンドに力を入れている状況で
インバウンド関連の情報も今と比べると圧倒的に
少ない状況でした。

それに比べると今はプレイヤーも増え、
五輪の影響もあり、市場が注目を集めています。
ベンチャーキャピタルもインバウンド関連企業への
投資を模索しています。

個人的には今はインバウンドで起業するなら
非常にいいタイミングだと思います。

もちろん、都市部等で不動産を活用して
ゲストハウスなどを展開しようとすると、
不動産の価格が五輪の影響で上昇しつつあるので、
ベンチャーにはやりづらい環境になっていたりもします。

ただ、大きな視野で見ると

インバウンドはまだまだ手つかずの空き地だらけ

という印象を私自身は持っています。

これから参入する場合、なかなか全体感が
見えなかったり、どんなプレイヤーがいるのか?
どんなニーズが市場にあるのか?など
分からない点が多いと思います。

その時にオススメしたいのが、

とにかく動く

ということ。

ネットでリサーチして得られる情報もありますが、
限界があります。

現場で外国人観光客に直接ヒアリングしてみる、
業界関係者が集まる会合に参加する
などとにかく『足で稼ぐこと』が重要です。

ちなみにここまで読んでくださり、
今後インバウンドで起業しようと考えている方に
一ついいプログラムをご紹介します!


富山県が

とやま観光未来創造塾
http://goo.gl/mx6ufe

という塾を開講しています。

その中で

グローバルコース

という講座で今後着地型観光で起業したい方を
育成する少数精鋭の講座の塾生を募集しています。

ちなみにこのコースは座学だけでなく、
OJTもあるかなり実践的なコースになっています。

その講師は、私も書籍でも事例として紹介している

里山サイクリング

を手掛ける美ら地球(ちゅらぼし)の山田社長です。

実際に美ら地球で徹底的にOJTを受けることもできるのです。


今後インバウンドで間違いなく需要が広がる
着地型観光のトップランナーとして活躍する
山田社長から直接指導が受けれる貴重な機会。

興味のある方は是非検討してみてください。
http://goo.gl/2AJihE

本日はここまで!

村山慶輔

Ps.
インバウンドベンチャーを以下でもご紹介しています。
日経ビジネスオンライン
「観光ビジネスにベンチャーを起こせ!」
http://goo.gl/lxctn2

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第13回6月2日(火) 18:30~20:30
 
http://goo.gl/QC2sJE

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------