村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

何のためにインバウンドの情報収集するのか? 

こんばんは。
やまとごころの村山です。

毎日東京オリンピック開催当日までの
カウントダウンをしていますがとうとう

1900日

を切りました。

私も東京オリンピックだけに注目している
わけではないですが、やはり日本のインバウンド業界
にとっては大きな節目。

来年のリオのオリンピックが終われば世界の目は
東京へ。

そこからはインバウンドへの取り組み
スピードがさらに日本全体で早まるでしょう。

2020年東京オリンピックの時点にどうありたいか?
どれくらいのインバウンド売上を目指すか?
そこから逆算した施策が今問われているのでは
ないでしょうか?


さて、本日のテーマは

何のためにインバウンドの情報収集するのか?

です。


最近、インバウンドの情報が非常に増えています。
ネットを検索するといくらでも情報が出てくるような
時代になりました。

昔は結構少なかったですが・・・

インバウンド関連の書籍や雑誌も増え、
いろんな方の意見や事例に触れることが出来るのは
非常にいいことだと思います。

そして、やまとごころとしても情報発信を
していくことがインバウンド業界を盛り上げること
に繋がると信じています。

ただ、最近感じるのは情報が増えてきた一方で、

・情報が多すぎで逆に混乱している、
・いろんな打ち手があることがわかるがどこまでやればいいのか?
・どんな優先度でやればいいのか?

といった課題も顕在化しているように感じます。


ちなみに皆さんは大丈夫でしょうか?

問題なければいいですが、仮に確かにそうかも・・・
という方は次のような質問を自分にしながら情報収集してみてくだ
さい。

==============================
==================
その情報は自社が取るアクションにどう繋がるのか?
==============================
==================

つまり、重要なのはアクションに繋げるということ。
情報収集のための情報収集、
リサーチのためのリサーチは不要です。

ビジネスで言えば

売上アップに繋がるアクションをどれだけ打てるかが勝負。

情報はアクションに繋がらなければ意味がありません。

是非、日々増えゆくインバウンド情報から

==============================
==================
どんな有効なアクションが打てるのかを念頭に
情報収集をする
==============================
==================

そんな癖をつけてみてはいかがでしょうか?

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第13回6月2日(火) 18:30~20:30
 
http://goo.gl/QC2sJE

☆第35回やまとごころ勉強会
 5月27日(水)15:30~17:30
 
http://u111u.info/kLko

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://goo.gl/uYww5C
-------------------------------------------