読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

2極化するインバウンド

<今日のインバウンドアクション>
外国人観光客の動向を定点で観測する
ポイントを決め、実際に観測し始める

------------------------------
--------

こんばんは。
やまとごころの村山です。

最近、一日があっという間です。
いつも同じことを言っているかもしれませんが、
本当にそう感じています。

今日はある外資高級ブランドの会合での講演。

テーマは

外国人富裕層をどう掴むか?

結構盛り上がり懇親会にも参加。

経営幹部の皆さんとの意見交換も有意義でした。
今、グローバルブランドのトップはインバウンド
を捉え、何を考えているのか?
また、現場で起きている課題は何なのか?

海外の事例も交えて色々話を伺えたのは貴重でした。


さて、本日のテーマは

2極化するインバウンド

です。

日々、様々な業種のインバウンド担当の方と
接する中で感じていること。

それは、

インバウンドが2極化してきている

ということです。


どういうことか?


インバウンド対策がかなり進んでいるところと
全く進んでいない、あるいは、始めたばかりの
ところが2極化しています。

これは単に東京と地方という構図ではありません。
同じ東京においてもかなり差があります。

2極化しているということは、それぞれ抱える
課題も全くことなります。持っている情報量も
違えば、実践しているアクションの量も大きく異なります。

かなり進んでいるところでも、
今後打つべき施策の優先度をどうすべきか?
また、外国人観光客からの売上が上がる中で
新たな課題にも直面するケースが多発しています。
どんな課題か想像つきますよね?

一方で、これから一歩踏み出していこうと
いうところには、そもそも何から手をつけるべきか?
さらに言うと、そもそもインバウンドってどういう
ものなのか?という全体感がわからず、目の前の
1つ1つの施策に飛びつく傾向があります。

ではこの2極化は今後どうなるのか?

恐らく今後その差はますます広がっていく、
私はそう見ています。

同じエリアで展開する同業種の企業は切磋琢磨しながら
インバウンド対策を加速させていくと思いますが、
エリア軸、業種軸で見るとその差はしばらくは開き続ける
でしょう。

では2極化を抑えるにはどうしたらよいか?

連携

が鍵になるでしょう。

業種を超え、エリア単位、さらには広域で連携し
成功事例・失敗事例なども共有していくことで、
全体の底上げにつながる寄与するはずです。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆第35回やまとごころ勉強会
「世界に誇る“マンガデザイン”
に学ぶインバウンドプロモーション戦略」
 5月27日(水)15:30~17:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150527/

 ライブセミナーはこちら
 
https://yamatogokoro-ac.lms-l.jp/class/business/kira_toshihiko/00000006.php

☆やまとごころ専門講座
 「今からでも間に合う!訪日外国人おもてなし・接客英語」
 5月29日(金)17:30~19:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150529/

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第13回6月2日(火) 18:30~20:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

☆第6回インバウンドビジネス基礎講座
 7月6日(月)、7日(火)
 準備でき次第募集を開始します!

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------