読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

人に会う、現場に出る

<今日のインバウンドアクション>
自分の地域にある外国人観光客向けの
フリーペーパー、地図を全て集めてみる。
その中に自社が掲載されているか、
されてなければ掲載できるか検討してみる。

------------------------------
-------

おはようございます。
やまとごころの村山です。

今朝指摘されて気づきました・・・
昨日配信設定をしたものの日付を間違え、
配信漏れになっておりました。

ということで本日は2本お届け増します。

昨日は第35回やまとごころ勉強会。
この勉強会は2009年にスタートし、今回で35回目。
個人的にも思い入れのある勉強会で、
新しい切り口、旬なテーマ、あるいは、
インバウンドのキーパーソンの取り組みなど
注目している方に講演頂く内容になっています。

私自身も第34回から30分ほどの時間を使い、
インバウンドの動向をお伝えするようプログラム
も追加しました。
データ中心ではなく、現場で感じたこと、
私自身が感じる業界の動きなどをお届けするように
しています。最近インバウンド情報が増えているので、
あえてそうすることに価値があるのかな・・・と。

来月は6月15日、再来月は7月3日に予定して
おります。また、詳細はご案内しますのでお楽しみに!


さて、本日のテーマは

人に会う、現場に出る

です。


最近、商業施設、飲食店、鉄道関連、
広告代理店、大学教授・・・ いろんな方に
お会いしますが、感じることがあります。

それは

==============================
==================
インバウンドをやればやるほど新しい課題に直面する
そして、その課題解決は1社ではできない
==============================
==================

ということ。

例えば、外国人観光客が今年既に580万人を4か月で超え、
年間では1500万人を超える見通しの中、
外国人観光客の売上比率が非常に高くなっている施設や
地域が増えてきています。

都内の商業施設では10%超えも普通、地方のある旅館も
4月には外国人しかいない日も結構出てきた・・・
など例を挙げるときりがありません。

そんな中、外国人観光客の急増に驚き、なかには、
少し不満をいう日本人も出てきています。

また、めまぐるしく変わる外国人観光客の動向を
把握しつつ、どんなプロモーションがもっとも有効なのか?
これも難しい課題です。


ここで重要だと思うのが、

人に会う、現場に出る

ということ。

競合他社と情報交換する、業界の会合に出る、
現場に出て外国人観光客と直接触れ合う、
旅行博に行って、現地にいる消費者の声・ニーズを拾う

などやれることは色々あります。

インバウンドで成果を出している方は、
間違いなくフットワークが軽いです。

ここでも会う、あそこでも会う・・・

みたいな方もいますがそんな方にかぎって
成果を出して、社内からも認められ、動きやすい
環境を自らつくりあげているのです。


本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆やまとごころ専門講座
 「今からでも間に合う!訪日外国人おもてなし・接客英語」
 5月29日(金)17:30~19:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150529/

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第13回6月2日(火) 18:30~20:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

☆第6回インバウンドビジネス基礎講座
 7月6日(月)、7日(火)
 準備でき次第募集を開始します!

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------