読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

地方こそ世界を舞台に勝負すべき!

<今日のインバウンドアクション>
毎日少なくとも一人の、自社ではない外部の
インバウンド担当者の方と情報交換を行う

*インバウンドの情報は足で稼ぐことが重要です!
 成果を出している方に共通するのはフットワークの軽さ!

------------------------------
-------------

こんばんは。
やまとごころの村山です。

今日は数年ぶりの病み上がりでしたが、
ほぼ完全回復です。

ちなみに昨日のメルマガを見て、
心配してくださる方もいて、嬉しいやら、
恥ずかしいやら。

とにかくこのメルマガでは出来るだけ
素を出していきますので是非お付き合いください!


ちなみに、今日アマゾンで自分の本の
売れ行きを確認していたら、突如ランキングが
かなりあがっていました!

マーケティング・セールス全般で2位(今時点)
http://www.amazon.co.jp/dp/4798138800

やまとごころのミッションである

「日本のインバウンドを熱くする」

を広げていくためにも、一人でも多くの方に
手に取って頂ければと願っています!

読んで頂いた方で、且つ、よかった!
という方は是非周りの皆さんにオススメください!

また、感想(レビュー)も頂けると嬉しいです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4798138800


さて、本日のテーマは

地方こそ世界を舞台に勝負すべき!

です。


テーマに触れる前にまずは前振りから・・・

7月3日に開催する
第37回やまとごころ勉強会
の日程が近づいてきました。

この勉強会ですが、私自身も非常に
楽しみにしています。

その理由は2つ!

1つ目はまずその講師。

今回の講師は私の書籍、コラム、メルマガで
何度も紹介しているあの

「里山サイクリング」

を運営する株式会社美ら地球の山田社長。

知らない!

という方はまずは日経BPオンラインで私が
取材した以下のコラムを是非ご覧ください。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140612/266751/?rt=nocnt

山田社長はとにかく経歴もユニーク。

コンサル出身でその後、夫婦で2年間かけて
世界一周旅行へ(2年というのが凄すぎです!)。

その後、飛騨へ移り住み、そこで体験型プログラム
「里山サイクリング」をスタート。
ゼロからのスタート、そして、よそ者として
移り住んだ飛騨において、地元の方々の協力も得つつ、
外国人観光客に大人気のサイクリングツアーを展開しています。

国からも様々な賞を受賞するなど、
まさに外国人観光客向け体験型プログラムの
トップランナーと言えるでしょう。

ちなみに、私と山田社長とは
前職の時代からの知り合い。

ビジネスとしては、かなり違うアプローチですが、
日本のインバウンドを盛り上げるという意味では全く同じ。

昨年もあるプロジェクトでご一緒したり、
私もサイクリングツアーに参加したり、
うちのインターンが飛騨でもお世話になったりと、
色んな接点を頂いています!

で、今回何の話をこの山田社長にしてもらうか
検討しました!

その結果、

地域の「ありのまま」で世界を魅了する、
地域活性化成功の秘訣を学ぶ

をテーマとして設定しました。

日本のインバウンドの明るい未来には、
間違いなく地方でのインバウンドの取り組みが
カギを握ります。

山田社長の「里山サイクリング」を私が実際に
体験して、且つ、様々な話を直接伺って感じるのは

==============================
========
地方こそ世界を舞台に勝負すべき!
==============================
========

ということ。

ここで皆さんに質問です。

==============================
========
1億3千万人の日本市場で勝負しますか?

それとも

70億人の世界市場で勝負しますか?
==============================
========

よく地方で講演すると言われることがあります。

それは、

日本人も来ていないから、外国人観光客はまだまだ先・・・

多くがこんなコメントです。


私は声を大にして言いたいのは再度言いますが、

==============================
========
地方こそ世界を舞台に勝負すべき!
==============================
========

ということ。


現在、里山サイクリングのお客さんの60%は外国人観光客。

つまり、日本人だけを相手にしていると
ビジネスにならないのです。

地方での取り組みだからこそ、世界という大きな市場
に対して情報発信をすることで、ビジネスの可能性が
生まれる、さらには、広がると思うのです。

普段は飛騨に住む山田社長が東京で講演する
本当に貴重な機会となります。


かなり熱くなってしまいましたが、
私がこの勉強会を楽しみにしている
2つ目の理由も挙げますね。

それは参加者です。

今回の参加者は一言でいうと濃いです。

古くからインバウンドやっている方々、
業界のトップランナー、そんな方もたくさん
参加してくれる予定です。

そんな方々この勉強会で出会うことで、
また、新たなビジネスチャンスが広がるのでは!
そんな予感がしています!

山田社長交えての懇親会。講演もそうですが、
こちらの方が私自身は楽しみにしているのが
正直なところです!

ということで、参加できる方は是非ご一緒しましょう!
ちなみに、残席少なくなってますのでお早目に!
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150703/


本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆第37回やまとごころ勉強会【残席7名】
 7月3日(金) 15:00~17:00
 「地域の「ありのまま」で世界を魅了する、
地域活性化成功の秘訣を学ぶ」
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150703/

☆第6回インバウンドビジネス基礎講座【残席8名】
 7月6日(月)、7日(火)
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150706/

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------