読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

外国人観光客にお店に足を運ばせる最後の一手は?

<今日のインバウンドアクション>
観光立国アクションプログラムを読み込む
http://www.mlit.go.jp/common/001092004.pdf

*今日も打合せでこの話になりましたが、
 やはり政府の観光に関わる方針を知る上で必須です。

------------------------------
-------------

こんばんは。
やまとごころの村山です。

今日は打合せが7本くらい。
朝からずっと打合せ。
色々と面白い話もあり、充実していました。
新しい展開もいくつか仕掛けていけそうです!

ちなみに昨日は、

吉祥寺インバウンド飲み会

を開催しました。

久々の開催ですが、30名くらいのメンバーが
参加してくださりました。

↓証拠写真
https://www.dropbox.com/s/5yz8221ok5umsp4/IMG_2710.JPG?dl=0

やはり地元の繋がりは強いなあと
改めて実感しております。

今後もコツコツ開催していこうと思いますので、
ご興味ある方はご連絡ください。

support@yamatogokoro.jp



さて、本日のテーマは

外国人観光客にお店に足を運ばせる最後の一手は?

です。


海外と日本で、
例えば地図を見ながら目的地に
たどり着こうとしたときに大きな違いを
感じることがあります。

日本では何丁目、何番地で探していても
なかなか目的地が特定できない・・・

ということ。

東京を例にとると、かなり区画が入り組んでいたり、
番地のサインが少なかったりして、
私が大学時代に住んでいたアメリカと比べると
非常に分かりずらい構造になっています。

実際、外国人観光客が日本に来て地図を
手にしながら街を歩いているのですが、
道に迷っているケースを多々見受けます。

こんな話もあります。

レジャーサービス研究所の斉藤さんは、
訪日する中国人客を5000人以上アテンドした
実績を持っているのですが、
斉藤さんの知り合いの中国人に地図付きの
フリーペーパーを提供しても、
結局行きたい施設にたどりつけない
というケースが多発するとのこと。

たどりつけず、どうするかというと、
斉藤さんの携帯やWechatに連絡がくる。
それで具体的にサポートをすることで、
最終的にやっとその施設にたどりつける。
こんなケースも多いようです。

逆にいうと、そういった斉藤さんの
アナログ的なサポートがないと、
行きたいところにたどり着けない、
そんなことになりかねません。

こういった現状を踏まえ、皆さんは
外国人観光客にお店に足を運ばせる最後の一手
として何をすべきだと思いますか?

是非、検討してみてください!

本日はここまで!

村山慶輔


Ps.
斉藤さんはその最後の一手のアイデアとして
台湾の事例もこの動画で紹介してくれています。
https://yamatogokoro-ac.lms-l.jp/class/business/murayama/00000014.php

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆7/18 NHK World 「Biz Buzz Japan」に出演決定
  Health Tourism: Key of Revitalization
 
http://goo.gl/Fv0nMv
  7/18 8:10~、14:10~、19:10~、26:10~(翌日(日)2:10~)

☆第38回やまとごころ勉強会
  「中国人観光客の消費性向を踏まえた情報発信とプロモーション」
  講師:徐向東氏
 8月4日(火)15:00~17:00
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150804/

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第14回 7月17日(金)18:30~20:30 (満席)
 第15回 8月19日(水)18:30~20:30
 第16回 9月4日(金)18:30~20:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------