読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

やはりコミュニケーションがカギ

<今日のインバウンドアクション>
海外旅行博に視察に行ってみる。そして、
現地の旅行会社、消費者と直接会話をして、
現地の生の情報に触れる

*インバウンドに取り組み始めた早目の段階で
 海外旅行博に足を運ぶは有意義です。

------------------------------
-------------

こんばんは。
やまとごころの村山です。

昨晩、あるインバウンドの会合がありました。
200名以上参加する会合で、凄い熱気でした。
知っている方がかなり少なく、初めてお会いする方が大半。
特に大手企業で、ソリューション系の会社さんが
多いのが印象的でした。
まさに、昨日ちょっと辛口で書きましたが
新規事業としてインバウンドに取り組み始めた!
という企業さんが多かったように思います。

↓昨日の記事
http://goo.gl/Be7He4

名刺交換させて頂いた何社か今後も色々
繋がりそうで有意義な会でした。
やまとごころも今後も吉祥寺インバウンド飲み会
だけでなく、別の交流会も開催していきたいと思います。


ちなみに8月4日開催の第38回やまとごころ勉強会は
【残席が2名】となりました。

今年もっとも盛り上がっている中国市場をテーマに
中国市場戦略研究所の徐さんに講演頂きます。

残席わずかですのでご興味ある方はお早目にお申込みください。

☆第38回やまとごころ勉強会【残席2名】
  「中国人観光客の消費性向を踏まえた情報発信とプロモーション」
  講師:徐向東氏
 8月4日(火)15:00~17:00
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150804/



さて、本日のテーマは

やはりコミュニケーションがカギ

です。


最近、商業施設の現場の方との接点が増えています。

つい先日も30名くらいの方に対して、研修を実施
しました。

この研修は講義だけでなく、
グループディスカッションや講師との懇親会も
含まれているもので、かなりいろんな話ができました。

そのディスカッションで上がってきた
現状の課題は興味深いものでした。

参加者の意見を集約すると以下になります。

1.お客様とのコミュニケーション力強化
2.受入環境整備(Wifiなど)
3.施設自体の認知度向上
4.施設内の各テナントの成功事例の共有

特に圧倒的に課題としてあがっていたのが、
1のコミュニケーションについて。

英語・中国語などの語学ができる方も少なく、
外国人観光客とのコミュニケーションにかなり
苦手意識があるようでした。

さらにいうと、

彼らに対する偏見

もあるようです。


外国人観光客=マナーが悪い=迷惑

という感じです。

こういった偏見もあり、コミュニケーションが
取りづらくなっているとのこと。

幸い、セミナーを通じて、

・マナー問題はお互いさま
・インバウンド対応するにはその偏見を取っ払わないと始まらない

という印象をもってくれた方が大半でした。

実際の研修後、現場でのアクションに
繋がるといいなと思っています。


最後に皆さんに1つお伝えしたいのは、

やはり語学力は重要

だということ。

特に高額商品なればなるほど、しっかりした
語学対応がないと買ってもらえにくくなります。

逆に語学対応を強化することでまだまだ
売上アップの余地があるということです。

是非、皆さんの施設でも

お客様とのコミュニケーション

という観点で現状の課題と対策を
検討してみてください。

売上アップに直結する施策が出てくるかもしれません。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
☆第38回やまとごころ勉強会【残席2名】
  「中国人観光客の消費性向を踏まえた情報発信とプロモーション」
  講師:徐向東氏
 8月4日(火)15:00~17:00
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/20150804/

☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第15回 8月19日(水)18:30~20:30
 第16回 9月4日(金)18:30~20:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------