読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

お金をかけずに実践できること

<今日のインバウンドアクション>
越境ECを活用したインバウンドの取り組みが
できないか?検討してみる。

*パルコもこんな越境ECの取り組みを開始
 したようです。
 
http://goo.gl/3eRLKM
-------------------------------------------

やまとごころの村山@オフィスです。

今オフィスに誰もいないので、
かなり集中して仕事を進めています。

月末ということもあり、
来月以降のスケジュールを確認していたら、
既に結構一杯。

来月は大学時代の友人の結婚式で
ラスベガスに行ったり、鹿児島、福岡、
神戸、静岡など移動距離の多い月に
なりそうです。
またメルマガでも地方出張について
触れていきますが、各地で会える方がいましたら、
よろしくお願いします!


今日は2点ご案内です。

1. 第7回インバウンドビジネス基礎講座について

インバウンドビジネス基礎講座ですが、
いよいよ開催が来週に迫ってきました。

連日インバウンドのニュースがメディアに
取り上げられていますが、表層的なものも多く、
点としての情報になりがち。

情報過剰で何から手を付けていいのか?
限られたリソースの中で何をやれば効果的なのか?

断片的な情報では、自信を持ってインバウンド
対策を推し進めることはできません。

インバウンドの本質を押さえ、
自社の取り組みを考える上で必要な情報、
ノウハウ、事例を本講座では学んで頂きます。

過去6回開催してきた人気講座。
特に本気でインバウンドに取り組む方に、
自信をもって本講座をオススメします。

残席も5席となりました。
お早めにお申し込みください。
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20151008/


2. 第40回やまとごころ勉強会について

今回の勉強会のテーマは、

「新規事業」
としてのインバウンドビジネスの事例と今後のチャンス

です。

やまとごころ勉強会としては初めて、
私自身が講演します。

訪日観光客の増加に伴い、インバウンドビジネスの
チャンスも拡大しています。

そんな中、新規事業としてインバウンドに取り組み
始めた大企業、インバウンドベンチャーを立ち上げる
起業家など、様々な方と日々接点を頂いています。

新規事業としてのインバウンドビジネスを
整理し、そして、今後のチャンスについて熱く
語りたいと思っています。

と同時に参加者の皆さんと意見交換や懇親会で
より具体的なディスカッションを重ねることで、
この勉強会から新たなインバウンドビジネスが
生まれることを願っています。

ちなみに今回はこんな参加者を募集しています!

・大企業のインバウンドの新規事業立ち上げ担当者
・インバウンドベンチャー起業家
・インバウンドで起業したい社会人・学生

インバウンドx新規事業というキーワードに
熱く反応する方に参加頂けると、その後の
ビジネスに直結すると確信しています。

是非、奮ってご参加ください。
↓お申込みはこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20151013/


さて、本日のテーマは

お金をかけずに実践できること

です。


様々な企業のインバウンドの
取り組みを見ていると、こんな状況が
見受けられます。

==============================
=
予算がないからインバウンドの
対策がうてない

逆に

予算つけてツール導入したり、
広告うったけど成果が出ない



やれることはとにかく手を出したが
総花的で戦略がない、成果も追えない
==============================
=

上記のようなことに
心当たりある方もいらっしゃるかも
しれません。

私も色々な相談を頂くケースがありますが、
いきなり媒体を勧めたりはしません。

まずは現状把握、その上で、
即座に成果を出しやすい施策を中心に
アドバイスをします。

まずは粗利を稼ぎ、それから、お金の
かかるインバウンド対策に費用を投じるべきす。

では、
お金をかけすに実践できることはなんなのか?

例えばこんな施策もあるでしょう。

==============================
=
・今いる目の前のお客様を満足させ、
 口コミ拡散を狙う

・地域にいる留学生、在日外国人、
 通訳ガイドに商品やサービスを
 利用してもらい、情報発信の
 サポーターになってもらう

・近隣のホテルのコンシェルジュ、
 あるいは、フロント経由で紹介
 してもらう

・前の通りを歩いている観光客を
 呼び込むために多言語の看板などを
 用意し、足を運んでもらう
 (店舗ビジネスの場合)
==============================
=

他にもまだまだありますが、

ポイントは、

==============================
=====
近くにいる外国人観光客から狙っていく
==============================
=====

ということ。

個々の施設の努力だけで
自分のエリアに外国人観光客を
呼び込むにはお金も時間もかかります。

上記も参考に、

お金をかけずに実践できること

は何があるのか?
是非、自社に合った施策を検討してみてください。


本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第17回 10月1日(木)18:30~20:30【残席:2名】
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

 ☆MarkeZine 特別企画訪日外国人 観光プロモーションセミナー
  10月2日(金)13:00~17:30 (受付開始/12:30)
 
http://event.shoeisha.jp/special/20151002

 ☆第7期インバウンドビジネス基礎講座【残席:5名】
  10月8日(木)~9日(金)
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20151008/

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------