読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

【残席3名:受付締切10月5日まで】第7回インバウンドビジネス基礎講座のご案内

やまとごころの村山です。

昨日から今年度の下期に入った企業も
沢山あると思います。

下期に具体的にどんなインバウンドの
取り組みを行っていくか?、また、
来期に向けて、どんな計画を練るべきか?
など、インバウンド責任者・担当者は
悩むところが多いのではないでしょうか?

その際に重要なのは、

・成功事例・失敗事例から学ぶ
・他社のインバウンド担当者との情報交換から
 気づきを得る

ことだと思います。

来週開催する第7回インバウンドビジネス
基礎講座では、上記の2つが得られる内容に
なっています。

ここで、過去の参加者の声を一部ご紹介します。


さまざまな分野、視点での組み合わせ講師陣で、
非常に参考になりました。
インバウンドに取り組むことが目的ではなくて、
何のために実践していくのかを、スタッフと共有し、
スピード感を持ってアクションを起こしたいと思います。
(A. S様)

入門編とだいぶ重なってしまうのかな……
と少し心配もしましたが、結果的には、
2日間だからこその充実した構成内容で、
参加できて本当によかったです。
何でやるのか、何ができるのか、が具体的に
考えられるすごくいいきっかけになりました。
(センチュリー&カンパニー 森田様)

インバウンド基礎講座を受講して、
あたり前の事だと思っていた事が文化の違いと
価値観の違いだと思い知らされました。
お客様目線と外国人目線の重要さが良くわかりました。
情報を集めるのは、大切な事である事は理解していましたが、
新しい正確な情報が一番大切な部分だと感じました。
そして、何よりも、やりがいを強く感じ、
魅力的なビジネスだと、再認識しました。
(T.Y様)

などなど様々な声を頂いております。

先日もお伝えしましたが、
連日インバウンドのニュースがメディアに
取り上げられていますが、表層的なものも多く、
点としての情報になりがちです。

情報過剰で何から手を付けていいのか?
限られたリソースの中で何をやれば効果的なのか?

断片的な情報では、自信を持ってインバウンド
対策を推し進めることはできないでしょう。

今回のインバウンドビジネス基礎講座では、
インバウンドの本質を押さえ、
自社の取り組みを考える上で必要な情報、
ノウハウ、事例を学んで頂きます。

また、講師や意識の高い参加者との懇親会も
ご用意しておりますので、今後に続く
インバウンドの強力なネットワークを構築
して頂くことも可能です。実際に、過去の参加者
同志での協業も色々と実現しています!

過去6回開催してきた人気講座。
特に【本気】でインバウンドに取り組む方に、
自信をもって本講座をオススメします。

残席は3席。
受付締切は来週月曜日10月5日まで
となりますので、ご興味ある方は
お早めにお申し込みください。
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20151008/