読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

外国人観光客にお金をもっと地域に落としてもらうためには?(上)

<今日のインバウンドアクション>
今、皆さんが取り組んでいるインバウンド施策で
無駄なもの、成果に繋がっていないものをリストアップし、
止めるものは実際に止めてみる。

*効果測定できない施策は継続しないケースが多い。
 効果測定するにはどうしたらいいかも検討してみてください。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@浜松→東京です。

今日は午後浜松で地域の経営者や行政の
方を対象に講演。
最近2時間の講演の枠を頂くのですが、
熱くなりギリギリまで話をする場合があります。

コンパクトにまとめる、

このあたりも改善しつつ
日本のインバウンドを熱くする!
ことに少しでもプラスになればと願っています。

ちなみに浜松の課題は、

==============================
=========
中国からの観光客を筆頭に多くの方が
宿泊してくれるようになってきた。
ただ、宿泊をするだけでスルーで、
地元では買い物含めあまり滞在してくれない
==============================
=========

というもの。

多くの地域でどうようの課題を抱えるところは
多いのではないでしょうか?

ということで、本日のテーマは

外国人観光客にお金をもっと地域に落としてもらうためには?(
上)

です。

こちらもいろんな方法がありますが、
そのいくつかをまとめてみたいと思います。

1.売れるプロダクトづくり
2.口コミ拡散
3.導線の強化
4.エリア戦略

1.売れるプロダクトづくり

まず、「外国人目線」で売れるプロダクトを
作ることが不可欠です。
何もないと思う地域にも、必ず光るものが
存在するはずです。

飛騨古川の里山サイクリング、
広島県 安芸太田町の神楽、

地元の方が何もないと思っていたものが
外国人目線で見直すと売れるプロダクトに
なるのです。

ここではコンテンツではなく、
プロダクトと言っていますが、
要はパッケージ化され、
値がついているものがプロダクト。
その状態にしないと売れませんので。

まとめると、まずは、自分の地域において

==============================
======
外国人目線での売れるプロダクトづくり
==============================
======

が重要なステップになります。


2.口コミ拡散

プロダクトを作ったうえで、
最初のお客さんの獲得が不可欠です。
まずは何としても初速をつけるためにも
知り合いや留学生、あるいは、近くの街にいる
外国人観光客を呼び込むなど、
様々なやり方があります。

そこで重要なのは、最初のお客様を掴みつつ、
トリップアドバイザーなどの世界に繋がる
口コミプラットフォームの自分のページに
口コミを獲得していく。

ちなみに、口コミも放っておいては
集まりませんので、集めるための「仕組み」
が不可欠です。

その上でいい口コミがもらえる流れが
できれば、あとはそれをしっかりと日々改善
しながら回していく形になります。

個人旅行化が進むインバウンドにおいて
口コミの獲得・拡散は間違いなく最重要施策の
なるでしょう。

口コミと向き合い、そして、活用していくための
仕組みを構築していけるかが今度勝ち残れるか
どうかを決める可能性もあるでしょう。


長くなりそうなので、
3と4については次回のメルマガで
書きたいと思います!

本日はここまで。よい週末を!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第18回 11月10日(火) 18:30-20:30 【残席:5名】
 第19回 12月1日(火) 18:30-20:30 【残席:15名】
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

 ☆第8期インバウンドビジネス基礎講座
  2016年1月18日(月)~19日(火)
 *日程は確定。準備でき次第募集開始します。

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------