読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

市場ニーズから組みたてる

<今日のインバウンドアクション>
現地で人気のガイドブックに目を通し、
皆さんのエリアや施設がどういう取り上げられ
方をされているのかを把握する。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@オフィスです。

今日は久々に事務所にいます。
事務所にいてもアポが多いのですが、
それでもやはり仕事は色々進みます。

もう少し外に出る時間と中にいる時間の
バランスを考えないと・・・と思う今日
この頃です。

ちなみに今週の後半は

・和歌山
・札幌

へ出張予定

今月は他にも

・山形
・岐阜
・大阪
・福岡
・札幌
・三重

なども予定があり結構移動が多くなりそうです。

ちなみに札幌ではインバウンド入門セミナー
をモリサワさんと今週13日に開催します。

札幌で是非お会いしましょう!

インバウンド入門セミナー@札幌
http://goo.gl/8ejw7g


さて、本日のテーマは、

市場ニーズから組みたてる

です。

インバウンドでいろんな地域や
企業さんと接点を頂く中で感じるのは?

マーケティングが出来ていない

ということです。


つまり、

市場を理解し、ターゲットを設定し、
何を、どうやって発信していくか?

が組み立てれていないケースがほとんどです。

自分の地域の資源ありきで、
それをどうやって売るか?という発想に
なりがちで、すぐに手法論に陥ってしまっています。


まずは、市場を知る。
海外のニーズをしっかり把握し、
それを満たすプロダクトを用意する。
その上で、適切なルートで発信していくことが
重要になってきます。

当たり前と言えば当たり前ですが、
やはりこのインバウンドで一番難しいのは

海外ニーズを把握すること

日本国内ではなく、海外のニーズ、
そして、外国人観光客の目線を理解せずに
このビジネスはうまくいきません。

例えば、
台湾にはサイクリング好きが増えています。
彼らをターゲットにした際に、皆さんの地域や
企業でどんなプロダクトを提供すれば売れるのか、
また、彼らに対してどんな情報発信ルートがいいのか、
が明確になってくるはずです。

ある地域のエキスパートだから、
インバウンドのプロダクトしても人気が出るか?
というとそうではありません。

まずはターゲットありきなので、ターゲットを
知ることが不可欠です。

このターゲットを把握するために何をするか?
何ができるか?を具体的に検討し、アクションを
とっていけるところがインバウンドでも成果を
出せるはずです。

是非皆さんも今やっているインバウンドの施策を

市場ニーズから組みたてる

という意識で見直してみてください。


本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第19回 12月 1日(火) 18:30-20:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

 ☆第41回やまとごころ勉強会
 インバウンドクリエイティブの落とし穴
 ~訪日外国人向け広告宣伝の成功・失敗事例~(仮)
 【日時】2015年11月24日(火) 15:00~
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20151124/

 ☆第8期インバウンドビジネス基礎講座
  2016年1月18日(月)~19日(火)
 *日程は確定。準備でき次第募集開始します。

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------