読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

団体客の集客:旅行会社をどう見分けるか?

<今日のインバウンドアクション>
訪日客3000万人、4000万人時代に向けての
課題や解決策を自分なりに考えてみる

*自社の枠組みを超え、より広い視点で
 インバウンドを捉えることで、自社の今後の
 戦略に繋がる気付きがあるかもしれません。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@山形→東京です。

今日は日帰りで山形県の米沢市に行って
きました。意外と温かくびっくりしましたが、
米沢牛をランチで食べた後、講演。

今回は日本観光振興協会さんからの紹介で
講演させて頂いたのですが、行政、観光協会、
ホテル、お土産屋さんなど様々な業種の方に
参加頂きました。

質問を頂いたり、行政の方とお話を色々
させて頂きましたが、現状の課題としては、
もっと知ってもらい、足を運んでもらうこと。
観光客数がもっと増えないと、地元の方も
なかなかスイッチが入らない。

そんな中、ある地域では若者が独力で、
海外営業し、台湾からの集客に成功している
とのこと。その若者を起点とし、行政も
支援しながら、取り組みを加速させていく、
そんなこともおっしゃっていました。

こういう推進役を大事に、
うまくサポートしていくことが行政に
求められることだと思いますし、
それがその地域におけるインバウンド活性化
への最短ルートだと、私自身も他の地域で
いろんな事例を見るなかで実感しています。


さて、本日はいくつか案内があります。

1. コンサルパートナー募集

インバウンド関連のコンサル案件が
増えており、私と一緒にプロジェクトを
推進していけるメンバーを鋭意募集しております。

経験や人柄など選考をさせて頂いた上で、
ご一緒できるかを検討させて頂きます。

今回は業務委託的な形での参画を想定して
おりますので、その点ご理解の上、
「我は!」という方は奮ってご応募ください。
(案件ベースでの仕事になりますので、
 フルタイムスタッフとは異なります。)

連絡先:
consulting@yamatogokoro.jp


2.やまとごころ忘年会の開催について

11月も半分を過ぎ、忘年会の時期となりました。
やまとごころでは昨年に続き、
東京と大阪での忘年会を企画しております。
日程は以下の通りです。

大阪:12月8日(火)
東京:12月18日(金)

詳細な時間や場所は別途ご連絡しますが、
まずは両日の夜を是非空けておいてください。
尚、忘年会はそれぞれ50名~80名ほどの
参加を見込んでおります。


さて、本日のテーマは、

団体客の集客:旅行会社をどう見分けるか?

です。


世の中のトレンドはFIT(個人旅行)化。

それでもやはり団体客を集客したい施設や
地域もありますし、現地旅行会社にも
団体ニーズは一定の割合ありますし、
今後も続いていくでしょう。

そんな中、本日のセミナーでも

自分の地域で売りたいものをどの旅行会社に
アピールしていくのがいいのか?
また、ニーズが合致する旅行会社を
どうやって見分けたらいいのか?

という質問を頂きました。

まず1つの考え方として、
視点を180度変えることも重要だと
思います。

現地の旅行会社が欲しいもの、
今抱えている課題は何なのか?

それを起点にして、その課題解決を
自分の地域でできないか?
ビジネスは問題解決の上に成り立って
いるので、旅行会社の問題から地域で
できることを組み立ててみるという
視点も1つあると思います。

その上で、さらにいうと、

旅行会社といっても取り扱っている
ツアーの種類、顧客層など色んな違いが
あります。

・格安ツアーを中心に手掛けるところ、
・インセンティブ旅行のみのところ、
・富裕層のカスタマイズのツアーに特化しているところ、
・特定の国を専門にしているところ、
・ツアーがマンネリ化していて顧客に
 新しいデスティネーションを提案したいところ

などなど。

このあたりをしっかり把握するためには、

・現地旅行会社と多く商談をしてる企業に聞く
・国内のランドオペレーターにヒアリングする
・日本政府観光局の現地事務所にヒアリングする
・現地旅行博や国内のトラベルマートへの出展、
 さらに個別商談を数こなす

などがあります。

数をこなすというのは不可欠でだと思いますが、
その前にも色んなところからヒアリングなどを
通じて情報収集が可能です。

ランドオペレーターを通して情報収集するので
あれば、アジアインバウンド観光振興会(AISO)も
オススメです。
40社以上のランドオペレーターが正会員と
なっており、加入することで現地旅行会社の動向も
含め様々な情報収集、そして、実際のビジネスに
広がる可能性があります。

↓一般社団法人アジアインバウンド観光振興会
http://shadanaiso.net/

ということで、今日は少し旅行会社関連の
テーマに触れてみました。

本日はここまで!

村山慶輔

Ps.
明日は午後から大阪のグランフロントで
ADKさんとフォーラムです。

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆インバウンドビジネス入門セミナー
 第19回 12月 1日(火) 18:30-20:30
 
http://www.yamatogokoro.jp/workshop/inboundbasic/

 ☆第41回やまとごころ勉強会
 インバウンドクリエイティブの落とし穴
 ~訪日外国人向け広告宣伝の成功・失敗事例~(仮)
 【日時】2015年11月24日(火) 15:00~
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20151124/

 ☆第8期インバウンドビジネス基礎講座
  2016年1月18日(月)~19日(火)
 *日程は確定。準備でき次第募集開始します。

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------