読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

インバウンド活性化には国内広報も重要

<今日のインバウンドアクション>
世界最大の口コミサイトであるトリップアドバイザー
で自分の地域、自社に対する口コミ内容を分析してみる。

*自社に関するページがまだない場合は
 登録してみてください。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@東京です。

今日はずっと東京でした。
打合せ等が沢山入ってましたが、
仕事が久々に色々進んだ感があります。

もう少し落ち着いて

緊急でなく、重要な仕事

にもっと注力していかねばと
日々反省しています。

ちなみに昨日ご案内した

2015年やまとごころ忘年会

ですが、まだ私のメルマガでしか
告知していないのですが、既に多くの方に
お申込み頂いております。

特に大阪は既に枠の半分以上が埋まって
しまいました。

東京も70名ほどのキャパを
用意しておりますが間違いなく
今週か来週早々には満席になると思いますので、
ご興味ある方はお早めにお申し込みください。

やまとごころ忘年会2015
↓詳細はこちら
http://www.yamatogokoro-ac.jp/bounenkai/2015/


さて、本日のテーマは、

インバウンド活性化には国内広報も重要

です。


流行語大賞で

爆買い

が大賞を取りましたね。

インバウンドが注目されるという意味では
いいと思うのですが、「爆買い」という
言葉については以前も書きましたが、
あまりいい言葉ではないと思っています。

↓以前の記事「春節報道の思う」
http://goo.gl/Ls0Oi8


話は変わりますが、日本における
インバウンドを活性化させていくためには
国内広報も非常に重要だと考えています。

そもそも、やまとごころ.JPをやっている
こと自体が国内広報で、その重要性を意識して
取り組んでいるのですが、理由は以下のような
状況が国内には存在するからです。

・インバウンドは国策であり、
 今後国内の企業や地域に大きなプラスの
 影響を与える市場であるにも関わらず、
 まだまだインバウンドに対する温度差が激しい

・そもそもこのマーケットの存在すら知らない
 方もまだまだ世の中には沢山いる

・外国人観光客をお断りする施設、
 どちらかというと敬遠する施設が
 まだまだ存在する

・外国人観光客を取り込むメリットを全く
 感じていない、あるいは、どこか他人事に
 なってしまっている

・外国人観光客への苦手意識が強く、
 受入れに消極的

など、こういったことが実際にあります。


これらの意識を変えていかずには
日本の観光立国の実現はないでしょう。

・何もない地域でもインバウンドで
 成功事例が生み出せる

・言葉ができなくてもしっかり
 外国人観光客の対応ができる

・自分の地域にはこんな誇るべき
 魅力がある

こんなことを日本全国の企業や地域、
さらにいうと国民の方々に認識してもらう
ことができれば、インバウンドの取組みが
もっともっと加速し、日本に来る外国人
観光客も「日本ファン」になる方が増えるはずです。

そのためには

国内広報

が不可欠です。

是非、皆さんにもどんな形で国内広報すれば、

・よりいい意味でインバウンドが浸透していくのか?
・自分事になっていくのか?
・より積極的に取り組んでいけるようになるのか?

を検討してみてください。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆やまとごころ忘年会開催!
 【大阪】12月 8日(火)18:30~20:30
 【東京】12月18日(金)19:00~21:00
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/bounenkai/2015/

 ☆第8期インバウンドビジネス基礎講座
  2016年1月18日(月)~19日(火)
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160118/

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------