読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

いま、インバウンドで成果を出している企業や地域の共通点とは? 

<今日のインバウンドアクション>
外国人観光客からの単価をアップさせる
施策を20個リストアップしてみる。
さらに、その中で最も効果が高そうなものを
実践してみる。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山です。

今、あるインバウンド関連のカフェ構想の
お手伝いをしています。
都内のある場所で外国人観光客も
ターゲットにしたカフェ。
とても面白い企画で私も楽しみながら関わっています。
もちろん、ビジネスなのでちゃんと収益を伴う形にする
必要がありますが、やれることは沢山ありそうです。

ちなみに以前お伝えした

やまとごころハウス構想

もコツコツと種をまいています。
まだ具体的にはこれからですが、
必ず実現したいと思っています。

話は変わりますが、やまとごころキャリアの
求職者、掲載企業ともに順調に伸びています。

成約した企業からのお客様の声も16件に
なりました。
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/voice/

12月から年度末の3月にかけて多くの人材が
動くタイミングになります。

急増するインバウンドに対応する人材を採用したい、
人が足りなくて機会損失してしまっている、
待遇面重視でなくインバウンドに対する熱い思いの
ある方を採用したい!

という方は是非お試しください。
成果報酬型ですので、掲載は完全無料です。

現在、ホテル予約サービスをグローバルで
展開するBooking.comさんが非常に力を入れて
人材採用をしております。

13種の職種で募集をかけておりますが、特に
インバウンドに興味関心が強く、語学力を持った
人材を急募しています。

12月15日には採用説明会を開催予定ですので、
興味ある方は奮って参加ください。
https://www.yamatogokorocareer.jp/seminar/20151215/


さて、本日のテーマは、

いま、インバウンドで成果を出している企業や地域の共通点とは?

です。

私は仕事柄、インバウンドに携わる色んな企業や地域と
接点を頂いています。

特に今はメディアで連日のように様々な企業や
地域の取組みが取り上げられるようになってきましたが、
彼らの共通点があると感じています。

いくつかあるのですが、
今日はその一つをご紹介します。

それは

継続して取り組んでいること

つまり

成功するまでやり続ける

というスタンスを必ず持っています。

言葉で言うと簡単に聞こえるかもしれませんが、
これは本当に大変なことです。

私自身もこの事業を2007年から展開していますが、
リーマンショック、震災、尖閣問題など、
インバウンドに大きな影響を与えることが
度々起き、インバウンドに取組む企業や地域は
大きな打撃を受けました。
(実際多くの知っている企業が廃業やインバウンド
 事業を休止しました)

それでも現地へのPRを始め、インバウンド施策の
手を緩めず、継続して取り組んでいたところが、
今、各分野の成功事例として注目されています。

ただ、今の瞬間だけを見ている人は、

なんかあの会社うまくやってるな・・・
インバウンドはこれだけ観光客が来ているから
すぐに儲かりそう・・・

みたいな印象を持っていたりもします。

これは結構大きな落とし穴だと私は思っています。

表面的な事象だけを見るのではなく、
その本質(あるいは裏側=見えないところ)を
見ることが重要ですね。

是非、皆さんもそんな視点も持ちながら、
日々のインバウンドニュースや事例を見てみてください。

何か気づきやヒントがあるはずです。

本日はここまで!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆やまとごころ忘年会開催!
 【大阪】12月 8日(火)18:30~20:30
 【東京】12月18日(金)19:00~21:00
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/bounenkai/2015/

 ☆第8期インバウンドビジネス基礎講座
  2016年1月18日(月)~19日(火)
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160118/

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------