読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

なぜインバウンドに取組むのか?

<今日のインバウンドアクション>
年末年始に旅に出かける方は、旅先の
宿泊施設、飲食店、観光スポットのインバウンド
対応を研究してみる。いろんな気付きがあるはずです。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@クリスマスです。

今日も1日盛りだくさんの日でした。
取材対応や打合せもいくつもあり、
やっと一息という感じです。

最近、打合せをしながら感じるのは、
本当に色んな方々がインバウンドに取り組んで
いるということ。

業種も違えば、目的意識や取組み度合も
全く違う方々と日々出会うなかで私自身も沢山の
気づきを頂きます。

また、人と人をお繋ぎすることも多いのですが、
そこから新しいビジネスが生まれることも増え、
そういった時はとても嬉しく思います。

また、私自身、多くの出会いをこのメルマガ
からも頂いております。
2014年の5月からコツコツ配信していますが、
じわじわと浸透しているように感じています。

もちろんこのメルマガは来年も継続していきます。
私が日々インバウンドの現場で感じたことや
気付いたこと、あるいは、皆さんにお伝えしたい
ことなど色々発信していきますので、
引き続きよろしくお願いいたします!


さて、本日のテーマは、

なぜインバウンドに取組むのか?

です。

最近、取材や商談、懇親会などの場で

==============================
=========
村山さんはなぜインバウンドに2007年から
取り組んでいるのですか?きっかけは?
==============================
=========

という質問を頂くことが増えてきました。

やはり今これだけインバウンドが
注目されているので、2007年からこの分野に
目を付け取り組んでいるということで、
先見の明がある風に感じて頂いているようです。

でも実は全くそんなことはなく・・・

==============================
=========
思いありきでこの分野に飛び込んだ
というのが本音
==============================
=========

です。(笑)

大学からアメリカへ留学し、
その後インドでのインターンシップを経て
感じたことがあります。

それは

あまりにも日本の魅力が世界に
伝わっていないということ。

日本のメーカーは世界中に人が知っていても、
観光資源についてはほとんど伝わっていない、
そんな現実を目の当たりにしました。

==============================
=========
自分の好きな観光分野で日本と世界を繋ぎたい、
そして、日本ファンを世界中に増やしたい
==============================
=========

これが私がインバウンドに取組む原点です。

コンサル会社に勤めていた癖にまともな
事業計画も作らずにこの事業を始めるなど、
完全に「思い」先行型でやってきたので
かなり大変でした・・・(涙)


皆さんに是非一度考えて頂きたいのは、

==============================
=========
なぜ皆さんがインバウンドに取り組むのか?
==============================
=========

ということです。

この軸が明確であればあるほど、
周りを巻き込み、継続してインバウンドに
取り組んでいく推進力に繋がるはずです!

本日はここまで。よい週末を!

村山慶輔

Ps. 来週も30日までメルマガ配信します!

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆第42回やまとごころ勉強会
   春節直前!中国市場最新動向と春節向け販売接客対策
  2016年1月15日(金)15:00-17:30
   
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160115/

 ☆第8期インバウンドビジネス基礎講座
  2016年1月18日(月)~19日(火)
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160118/

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------