読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

もっと海外へ行く

<今日のインバウンドアクション>
現在、日本人向けに提供しているサービスや
催事・イベントなどを訪日客向けに発信することで
集客に繋げることができないか?を検討してみる。
その上で、できればテスト的に実践してみる。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@大阪(講演前)です。

先日ご案内しましたが、
今書籍の改訂版の執筆を進めています。
出版予定は3月1日。

タイトルは以下のように変わりました。

<以前>
訪日外国人観光ビジネス 入門講座

<新刊>
インバウンドビジネス 入門講座

インバウンドの認知度が上がってきたため、
「インバウンドビジネス」と
直球のタイトルに変更しました。

今回の見どころは

・30ページほど追加
・より見やすくカラーに
・データ関連は全て2015年版を収録
 (昨日JNTO発表の最新データを収録・解説)
・多くの事例を変更・更新
・半分ほどの内容(テキスト)を改訂

です。

前回の書籍を購入して頂いた方にも
参考になるよう色々検討してまとめておりますので、
是非、今回の改訂版も読んで頂ければと思います。

ちなみに、
先日からアマゾンでも予約可能となりました。
是非ご覧ください。
http://goo.gl/9BiiPg


本日のテーマは、

もっと海外へ行く

です。

昨日の基礎講座でも話題に上りましたが、
今後、日本でインバウンド対応を
強化していくためには

我々日本人がもっと海外へいく

ことが重要だ、という話になりました。

その理由は

①海外に行かないと外国人目線が理解できない
②海外に行かないと日本、そして、自分の地域
 が客観的に評価できない
③訪日客が急増する一方で、日本から海外への
 旅行者が減少している。

などがあると思います。

特に③については深刻です。

訪日客が急増している国から見ると、
もっと日本人にも自国に来てもらいたい
というのが本音です。
航空便も定期就航するためには往復の
両方がしっかり埋まっていることが重要です。
そのためには、双方向にそれぞれの国の
人が行き来することが不可欠です。
片方の国だけが勝ち続ける・・・という
状態は長くは続かないでしょう。どこかで
それを是正する動きがでるのは間違いないでしょう。

そういう意味ではまずはインバウンドに
携わる方々からこそ、海外へ直接を運ぶ
ことが、今後このマーケットが健全に伸びていく
ための重要なポイントになるのでは
ないでしょうか?

本日はここまで。

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆第20回インバウンドビジネス入門セミナー
  2016年1月26日(火) 18:30-20:30
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/inboundbasic/

 ☆やまとごころxグローカルセブン「地域創生セミナー」
  第1回 鹿児島の商店街「天文館」
の打ち出したインバウンド施策の一歩目は何か?
  2016年1月26日(火) 18:30-20:30
 
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160126/

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------