読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

インバウンド人材獲得なら今

<今日のインバウンドアクション>
今、保有している資産を外国人観光客に
生かせないか?様々な視点で検証してみる。

*眠った資産に大きなチャンスがあることが
 多々あります。

------------------------------
-------------

やまとごころの村山です。

先日嬉しいことがありましたので、
シェアしたいと思います。

先日、ある方との出会いがあり、その方から
Lonely Planetの創立者であるトニーさんの
サイン入り書籍を頂きました。
欧米の方には圧倒的な影響力のある媒体で
私もインバウンド研究のためによく使っています。
この書籍は永久保存版にしたいと思います!(笑)

話は変わりますが、今週はかなり忙しくメルマガも
少しスキップしてしまいました。
いろんなことをやっているのですが、
その一つは執筆作業。
今日も終日その打合せでしたが、
やっと終わりが見えてきました。
3月1日発行になりますので、是非お楽しみに!

あと、先日お伝えしましたが、

2月29日(月)の午後

のリマインドです。
是非、その日の午後以降は空けておいてください。
地方創生xインバウンドをテーマに
第6回やまとごころフォーラムを開催しますので!
台湾をはじめ、地方からも色々とゲストが登場予定です。


さて、本日のテーマは、

インバウンド人材獲得なら今

です。


2007年からインバウンド特化で事業を
展開していますが、いまだによく、
やまとごころは何で商売しているの?
と質問を頂くことがあります。

==============================
=
ヒト、モノ、カネ、情報の
側面からインバウンドを支援する
==============================
=

これが我々のやりたいことです。

その中でも最も力を入れているのは、

ヒト

つまり、

人材

です。

なぜ、人材なのか?

今後、2020年、そして、その後のインバウンドを
考えた時に最も重要なものは何なのか?

やまとごころは

最も重要なものは人だと考えています。

人がインバウンドビジネスを生み出し、
人が外国人観光客をもてなし、日本ファンを世界中に
創っていくと考えています。

ちなみ、今年に入り、人材の動きが
加速しています。

人材市場では4月と10月が大きな山場。

現時点では4月に向けて、人材がインバウンド
関連の職を求めてスピードを上げて
動いています。

実際、我々の運営するやまとごころキャリア
https://www.yamatogokorocareer.jp/)でも、
求職者数も非常に早いペースで伸びていますし、
その求職者からの応募数も過去最高を記録しています。

中でも面白いのが、地方の求人に対して、
他県や都心からの応募が増えていることです。
UターンやIターンでインバウンドの仕事に就きたい
と考えている方も増えていることを実感しています。

==============================
===========
インバウンドという成長市場の仕事を
するために地方へ移住する
==============================
===========

こんな流れが出来れば日本のインバウンドの
活性化だけでなく、地方創生にも繋がるのでは
ないでしょうか?

そのためにもインバウンドの意義ややりがいを
もっと日本全体に発信していく必要がありそうです。

ちなみにやまとごころではその一環で大学生に対して

インバウンドインターン

を案内する冊子を現在制作中です。

多くの大学の採用課に届けていく予定です。

かなり好評で残枠が少なくなってきましたが、
掲載に興味のある方は是非ご一報ください。


*件名を「インターンシップ掲載の詳細案内希望」
 とした上で、以下までメールをお送りください。

▼お問合せ先メールアドレス
kyujin@yamatogokoro.jp


本日はここまで。よい週末を!

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>
 ☆外国人観光客対応人材育成講座
  訪日外国人を呼び込む! インバウンド専門研修 in 三重
 
http://www.yamatogokoro.jp/forum/20160203-20160204/

 ☆第6回やまとごころフォーラム 2月29日午後1時半~@四ツ谷
  近日案内開始予定

 ☆今後の講演スケジュールはこちら
 
http://www.yamatogokoro.jp/consulting/seminar/
-------------------------------------------