読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

リピーターを意識した情報の打ち出し方

<今日のインバウンドアクション>

駅から目的地まで、
何人の外国人と思われる人とすれ違ったか、
カウントしてみる

------------------------------
-------------

やまとごころの村山@大阪です。

やまとごころで運営する求人マッチングサイト
「やまとごころキャリア」の1月~5月の求職者会員登録数が
昨年に比べて2倍の伸びで増えています。

成約した企業からのお客様の声も22件になりました!
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/voice/

急増するインバウンドに対応する人材を採用したい、
人が足りなくて機会損失してしまっている、
待遇面重視でなくインバウンドに対する熱い思いの
ある方を採用したい!

という企業や団体の皆さんに成果報酬型で
サービスを提供しています。掲載は完全無料ですので
興味ある方はお気軽にお試しください。
https://www.yamatogokorocareer.jp/saiyou/

ちなみに、現在通信事業を通じて積極的にインバウンドに
取り組むテレコムスクエアさんが
非常に力を入れて人材採用をしております。

6月23日には採用説明会を開催予定ですので、
興味ある方は奮って参加ください。
https://www.yamatogokorocareer.jp/seminar/20160623/


さて、本日のテーマは、

リピーターを意識した情報の打ち出し方

です。

日本に来ている外国人観光客の6割が
今リピーターと言われています。

さらに16%が10回以上のハードリピーター。

リピーターになればなるほど目は肥えてきます。

例えば、

古民家や古い町並み

が皆さんの地域の売りだとした際に
リピーターが増えていることを勘案すると
大切なポイントがあります。

つまり、リピーターは日本のどこか別のところで
古民家や古い町並みを経験している可能性が高いのです。

そこと違って自分のエリアは何が違うのか?
何が体験できるのか?

そのあたりを明確に打ち出していかないと
外国人観光客も興味を持ちません。

そういう意味では、

情報の打ち出し方

が今後ますます重要になってくるでしょう。

皆さんはどんな情報の打ち出し方をしていますか?
また、リピーターを意識していますか?

是非、再度確認してみてください。


本日はここまで。

村山慶輔

------------------------------
-------------
<お知らせ>

■受付開始しました!
【第46回やまとごころ勉強会】
 インバウンドで起業する!!~共にインバウンドを盛り上げよう~

やまとごころ.jp」を立ち上げている弊社代表村山慶輔と、

クールな田舎をプロデュースする」株式会社美ら地球CEO山田拓氏が

講師をつとめます!

日時:6月28日(火)勉強会 15:00~17:30 (開場14:30)
          交流会 18:00~19:30
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160628/

■「地方創生セミナー」やまとごころxグローカル・セブン第2回目開催決定!■
今回の「地方創生セミナー」は、

「ゲストハウス「品川宿」の成功には、まちづくりをする地域の応援があった!」

と題し、講師に旧東海道品川宿周辺まちづくり協議会の会長 堀江新三氏、

ゲストハウス品川宿の代表 渡邊崇志氏をお招きし開催いたします。

日時:2016年6月17日(金)18:30-21:30
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160617/

-------------------------------------------