読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

投資家目線でインバウンドを見てみる

f:id:keisukemurayama:20160712093638j:plain

<今日のインバウンドアクション>

3年後、5年後、
自社にとってインバウンド はどういうものになっているか?
想像してみる。

*将来を見据え、今からアクションを とってみてください。

-------------------------------------------
やまとごころの村山です。

今日も講演に呼んでいただいたり、打ち合わせに
ご来社いただいたりと、多くのご縁をいただきました。

これから更に打合せが入っていますので、
駆け足で本題に入らせていただきます!


本日のテーマは

投資家目線でインバウンドを見てみる

です。

最近、投資家の方からセミナーで呼ばれる
ことが増えています。

インバウンド関連企業への投資を判断する上で
マーケットの動き、規制緩和、新しいビジネスチャンスを
把握しておきたい、そういったニーズからご相談
いただいています。

こういう依頼をいただくと改めて市場を客観的に見直す
ことができるので貴重な機会だと思っています。
例えば規制緩和含め、色々な動きがあるキーワードの
一部をリストアップすると

・民泊
・通訳案内士
・農産物
・医療機関
・手ぶら観光
・DMO
・越境EC

などが挙げられます。
それぞれの動きに連動する形でビジネスチャンスが
広がっていくでしょう。

是非、皆さんも投資家目線でインバウンドを改めて
見直してはどうでしょうか?色々なビジネスチャンスが
見えてくるかもしれません。


本日はここまで。今週もよろしくお願いします。

村山慶輔

-------------------------------------------
<お知らせ>

こんにちは、村山の秘書です。

最近「シェアリングエコノミー」という言葉を
よく見聞きするようになりました。

有名なところでは、民泊やクルマの相乗りを提供するサービスは
日本でも官民さまざまなところで語られています。

他にも日本独特のサービスとして
空き駐車場をシェアするサービスなども登場しているようです。

第47回のやまとごころ勉強会は、
シェアリングエコノミー×インバウンドと題して、
一般社団法人シェアリングエコノミー協会 代表理事 上田祐司氏
をお招きし、現状と未来について学びます。

終了後は皆さんお楽しみのインバウンド交流会も開催!

早くもたくさんの申し込みをいただいております。
まだの方はお急ぎください。

■インバウンド実践ラボ会員は参加費無料!
【第47回やまとごころ勉強会】
「シェアリングエコノミー x インバウンド」
日  時:2016年8月5日(金)
   勉強会 15:00~17:30 (開場14:30)
   交流会 17:30~19:30
募集人員:30名(お申込み順、定員になり次第締め切ります)
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160805/
-------------------------------------------