読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

是非ご参加ください!3/3 第8回やまとごころフォーラムx東北インバ​ウンドサミットin東京開催

f:id:keisukemurayama:20170207165333p:plain

やまとごころの村山です。

恒例のやまとごころフォーラムのお知らせです。
第8回の今回は、東北インバウンドサミットを過去数回主催している
一般社団法人東北インアウトバウンド連合との共催になります。

東北インアウトバウンド連合は
東北6県から15社が集まり昨年立ち上がった団体。

この連合の特徴は、

皆さんめちゃくちゃ熱い

ということ。


もう少しちゃんと言うと、

それぞれの県で行政や現地企業との強いパイプを持ち、
着地型ツアーを手がける会社、交通機関や教育機関に
携わる方など非常にユニーク。

もちろん、お互いビジネス的に競合になることも
あるかもしれませんが、それよりも手を組んだ方が
できることがあまりにも多い!
そもそも外国人観光客があまり来ていない東北に
もっと足を運んでもらわないと誰も潤わない・・・

そんな危機感や熱い思いからこの連合が立ち上がりました。

先日、やまとごころで担当した三重県の研修。
そこには連合のコアメンバーの方が講師として登壇。
http://www.yamatogokoro.jp/mie_2016/

なぜ、三重県で東北の方が話をするのか?
と思われるかたもいるかと思いますが、
セミナー終了後の現場の声は

あれでもいいんだ・・・
東北でも出来るんなら・・・

こんな声をたくさんいただきました。
つまり、身近に感じる事例、等身大の取り組みが一番現場の背中を押すのです。
私自身も改めてそれを実感しました。

今回、このフォーラムを東北インアウトバウンド連合さんと共催させていただくのは、

連合の個々の企業の「力」、そして
個の「力」が連携することの意義、
その「力」が東北だけでなく、日本のインバウンドに与えるインパクト

を日本全国のインバウンドに関わる方にお伝えしたいと思ったからです。


また、今回はいま注目の「観光立国の正体」の著者で
観光カリスマの山田桂一郎さんにも登壇いただきます。

ちなみに、まだ読んでない方は是非読んでみてください。
インバウンド関係者には是非読んで頂きたいオススメの書籍です。

山田桂一郎さんの幅広い視野、物事の本質を捉える力、
また、地方創生やそれを支える人材育成に注ぐ熱意など
全て「本物」です。

その山田桂一郎さんも交え、
地方創生xインバウンドの最前線
を3月3日皆さんにお届けします!

是非、一人でも多くの方に参加いただき、
自分たちもできる、自分の地域でもやってみよう!
そう思っていただければと願っています。
http://www.yamatogokoro.jp/forum/170303/

本日はここまで。

村山慶輔