読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村山慶輔の「日本へ呼び込め!外国人観光客」ブログ

インバウンド戦略アドバイザーの村山慶輔が、外国人観光客を呼び込むためのヒントや気づきを独自の視点で発信します。

新年度スタート!何にチャレンジするか? 

f:id:keisukemurayama:20170403102029j:plain

やまとごころの村山です。

今日から新年度がスタート。
この時期は新卒の入社や人事異動の時期でもあり、
何かと落ちつかないという方も多いのではないでしょうか?

私がインバウンド関連で親しくさせて頂いている方も
香港へ転勤になったり、部署がインバウンドと全く関係ない
ところに異動になったりと寂しい感じもします。
ただ、新しい出会いも間違いなく多い時期なので、
色々と積極的に動いていこうと思います。

ちなみにこの時期は花見シーズンでどこへいっても人が一杯。
先週の金曜日は中目黒、やまとごころがある新宿御苑、
私が住んでいる吉祥寺もそれぞれ花見スポットなので大変な混み具合でした・・・
外国人観光客も増えるこのシーズン。
うまく日本の花見を満喫してもらいたいものです。

やまとごころは年明け早々から忙しくなり3月がピーク。
私も出張や講演、その他各種イベントに追われておりました。
また、3月15日に10周年を迎え、このタイミングを
第2の創業期と捉えて新しいチャレンジをいくつか仕掛けて
いきたいと思っています。

いつも思うのですが、このタイミングってとても重要ですよね。
自分の中での節目ということもありますがそれは単に自己満足ににすぎず(笑)、
それ以上にマーケット的にチャレンジをする絶好の機運が
来ていると感じています。

その一つの要因は
もちろん2020年東京オリンピック・パラリンピック。

私も何度も繰り返し言っていますが、
その後も訪日客は間違いなく伸びるでしょう。
ただ、国内のインバウンドに対する機運はオリンピックが
ピークになると見ています。
それまであと3年と少ししかありません・・・
その頃に事業の土台を作っておくためにはまさに
今仕掛けていくことが重要だと思っています。

これはベンチャーだけでなく、
大手企業がインバウンドに参入する、
あるいは、
DMO・DMCを立ち上げる、
自治体がインバウンド向けに取り組みを始める
ということもそうですし、
インバウンドに取り組む皆さんのスキルやキャリアアップという意味でも
新しいチャレンジをしてみることが重要なのではないでしょうか。

ちなみにやまとごころは
・旅行事業
・中国プラットフォーム事業
・インバウンドリーグ(10月オープンの新施設)
などを直近仕掛けていきます!

新年度が始まる今、皆さんは何にチャレンジしますか?

本日はここまで。


村山慶輔

 

Ps.
4月13日に第54回やまとごころ勉強会を開催します
テーマは「進化する訪日プラットフォーム」
今回からインバウンドリーグを一緒に手がけるUDSさんとの共催
有楽町の交通会館で開催します!ふるってご参加ください。
http://www.yamatogokoro.jp/event/3378/